パーティの司会より

| コメント(0) | トラックバック(0)


皆さん、こんにちは。2005年文学部新聞学科卒業の川島葵と申します。今年ご縁をいただきASCパーティの司会をやらせていただくことになりました。ASCパーティの司会は数年ぶりになるかと思います。華やかな雰囲気もありながら、おごそかな時間もある上智大学ならではのクリスマス時間を皆さまとともに過ごしたいと思っております。これまで参加する機会のなかった方も、この機会に懐かしのカフェテリアに集まりませんか。「懐かしの」と言っても会場の9号館カフェテリアは今年4月にリニューアルされたそうです!!上智大学の新しいスペースでお待ちしております!!

 

川島葵:1982年愛知県岡崎市出身、2005年文学部新聞学科卒業後、東海ラジオ放送アナウンサーに。現在はフリーアナウンサーとしてラジオ、テレビに出演。またナレーション、イベント司会などを行う。大学在学時に結成したバンドAo-Nekoも活動を続ける。

パーティの飲食について

| コメント(0) | トラックバック(0)


お料理の一番の目玉は、何といってもキーマカレー。昨年はカレーコーナーには行列が出来たくらいの人気でした。

また他の料理も世界数十か国を巡って、世界の料理を知り尽くしたシェフによるもので、皆様楽しみにしていてください。

 

飲料の目玉は、ワインショップを経営するソムリエが厳選した芳醇なワイン。「この値段でこのレベル」とワイン通をも唸らせる熟成された赤白のワインです。他にビールとソフトドリンクをご用意して皆様の喉を潤します。

パーティ・飲食担当 浅野隆久(1976経済)

チャリティ 寄付先のご紹介

| コメント(0) | トラックバック(0)


子供と給食3.jpg


*非営利特定非営利活動法人 聖母(NPO法人せいぼ)*

 

  NPO法人せいぼは、東アフリカのマラウイの給食支援を通して、
世界中の子どもたちの貧困を解決するために活動をしている団体です。

現地の幼稚園、小学校に対て、給食の提供をしています。

学校給食は、お腹が空いている子どもたちを支えるだけではなく、
彼らの教育を促進し、国全体の成長へと繋がっていきます。
マラウイを始めとして多くの国々の持つ問題に取り組み、
チャリティの精神を広めていくことも、せいぼの役割です。

皆さんも、このチャリティの活動にすぐにご参加頂けます。
その一つに、現地の大自然の中で栽培されたコーヒーを通じての
ご寄付もございます。
www.warmheartscoffeeclub.com

クリスマスは、私達せいぼにとっても、神様から与えられた使命は何かを考えていく
重要な時期だと考えています。皆様とよいクリスマスを過ごせれば幸いです。

この度は、私達の活動の支援を頂き、ありがとうございます。

NPO法人せいぼ 山田 真人(2015文英・2017神神)

www.seibojapan.or.jp


コーヒー画像3.jpg 

「ソフィアンの祈り」について

| コメント(0) | トラックバック(0)


昨年第10回を迎えたオールソフィアンのクリスマス。第一部のいのりの場は文字通りREUNIONとなりました。

角田神父様のお言葉は、まだ残っていますか?

いつもはそれぞれの場所にいる私たちですが、あの日一つの場所によびあつめられ、ともしびを囲んで、共に心静かに過ごしました。

そして喜びのメッセージと祝福を小さな灯とともに手にして日常に帰っていったのです。

あれから、また1年がたちます。今年はどなたから、どんなメッセージをいただくでしょうか?

ひとりでも多くまたご一緒に、聖歌に、メッセージに、そしてなかまの祈りに耳をかたむけ、しずかなアクションを起こしていくことができますように。

ご参加をお待ちしています。

1部「ソフィアンの祈り」担当 三溝真季(1984法国)


ご挨拶

| コメント(0) | トラックバック(0)


皆様、こんにちは。今年度のASCの実行委員長を拝命いたしました小嶋健人(こじまたけと)と申します。これまでの数年も実行委員の一人として、このイベントに携わってまいりましたが、まだまだ未熟者で委員長の責務の重さを日々ひしひしと感じています。しかしながら、委員の先輩、後輩たちに支えられ、励まされて、皆様に喜んでいただけるよう、微力ながら全身全霊で務めを果たしていく決意で取り組んでいます。

 また実行委員の各メンバーも、熱意にあふれ、ご来場者の心に残るASCにすべく、それぞれの持ち場で鋭意努力しているところです。

どうぞクリスマスシーズンの母校にお誘いあわせのうえお越しください。実行委員一同心よりお待ち申し上げております。

ASC2018実行委員長 小嶋健人(1996文哲)