経鷲会 研究奨励金支援(寄付)のお願い

経鷲会研究奨励金制度は、 上智大学及び経済学部より、大いに評価されており、最近では、経鷲会研究奨励金を参考に、他学部に対するOB支援を公式に働きかけております。いわゆる「経鷲会モデル」が他の学部の研究奨励金制度に発展してゆくと思われます。

しかしながら、経鷲会の維持会費徴収金額(寄付)は、年々減少傾向にあり、われわれ役員は、大変苦労しております。2011年1118日、学事センター経済学部関係者および上智学院財務局募金室グループ関係者にお会いしましたが、経鷲会の研究奨励金制度に対する期待感が強く、特に経済学部教授陣の期待感は高いものがあります。皆様のご協力を心よりお願い申し上げます。

もし、ご協力頂けるのあれば、下記の銀行振込をお願い申し上げます。また、会報を受領されている方であれば、郵便振込用紙にてお願い申し上げます。

 

1.振込方法手順について

 

1)下記メールアドレスまで、氏名、ヨミガナ、卒年、学科をご連絡ください。

economyan@sophikai.gr.jp
 (経鷲会のソフィア会登録団体公開メールアドレス)
*メールは、
上智大学経鷲会担当者(ソフィア会で管理)に転送されます。

2)上記のメールに対して、ソフィア会会員番号をご連絡する。

3)振込されるときに、ソフィア会会員番を登録して振込をしてください。

4)寄付等の振込先:
    三菱東京UFJ銀行 店番422 普通 4876344 上智大学経鷲会

    12,000円で、1口以上でお願い申し上げます。

*維持会費は、13,000円以上ですので、合わせてお願い申し上げます。

2.頂いた寄付や維持会費の管理について

 

上智大学経鷲会では、会費管理システム(経鷲会が開発運用)にて、毎年維持会費や研究奨励金、寄付、被災学生支援寄付、総会参加費などを、会員の会費等履歴として管理しております。

この会費管理システムのデータに基づいて、毎月登録管理し、年度末には、監査人(公認会計士)による監査を受け、内部統制(コンプライアンス)を維持しておりますので、ご安心ください。

さらに、年度決算についても、監査を受け、総会で承認を得ております。

 

以上

 

システム委員会委員長、副会長 伊達万壽夫 1977経営

 

 

カテゴリ

  • 研究奨励金
  • 総会