体育会OB会の沿革(1) 平成3年~平成7年


【平成3 年】

3       1 回代表委員会を開催。体育会OB 連合会を発展的に解消し「体育会OB 会」が発足。

理事長に神田浩太郎氏、副理事長に吉永希一氏、総務担当理事に槇原尚樹氏、財務担当理事に雨宮良平氏、調査担当理事に山内卓氏、強化担当理事に松井美文氏、渉外担当理事に田川正一氏が就任。

上智大学体育会OB 会会則を制定。

 

【平成4 年】

11        会長に中島貞夫氏、副会長に兵頭富士郎氏、監事に池谷健氏、村田久子氏が就任。

 

【平成5 年】

3       現役表彰制度(ソフィアスポーツ大賞)を制定。 

総務担当理事に田中正美氏、財務担当理事に石井盛利氏、強化担当理事に森田正昭氏が就任。

神田理事長が小林学生部長と懇談し、「体育会OB 会」再発足の目的と今後の活動方針を説明。理解と協力を要請し快諾を得る。

4       体育会OB会長会を開催。大学から山本理事長、大谷学長、林体育会会長が出席。

体育会OB総会で、中島会長より小池前OB 連合会会長に功労賞を贈る。現役に         ソフィアスポーツ大賞(最優秀クラブ賞=アイスホッケー、最優秀選手賞=三好太郎・アメリカンフットボール)を贈る。

6       1 回上智・南山体育会OB懇親会を開催。(上智会館)参加者500 余名。来賓にカリー上智大学学長、マルクス南山大学学長、ソフィア会役員はじめ多数。

8       体育会OB ゴルフ大会を開催。(高麗川カントリークラブ)

12       第1回オールソフィアンズ健康マラソン大会を開催。(皇居周回コース)参加者110 名。

【平成6 年】

3       副会長に吉田勉氏、調査担当理事に阿見利治氏が就任。

現役にソフィアスポーツ大賞(最優秀クラブ賞=サッカー、最優秀選手賞=岩井克昭/ 豊田直海・競技ダンス)を贈る。

5       第1回上智・南山体育会OB懇親ゴルフ大会を開催。(愛鷹シックスハンドレッドクラブ)参加者89 名で盛会。

12       第1回監督・コーチ会議を開催。(上智会館)指導上の悩み、練習場所・練習時間の確保、活動資金の慢性的な不足などで意見交換。

【平成7 年】

3     監事に大村勝彦氏が就任。

4       現役にソフィアスポーツ大賞(最優秀クラブ賞=水泳、最優秀選手賞=坂本義幸・空手道)を贈る。

6       上南戦に17 15 2 引分けで勝利。大谷学長がプールに飛び込むパフォーマンスで学長と学生の間に一体感。

 

※都合により、クラブ名の「部」は省略しています。また、軟式庭球、軟式テニス、ソフトテニスは軟式庭球に統一して記載しています。

※S45、H10 等は、卒年を表します。

     TOP  沿革(1) 沿革(2)  沿革(3)  沿革(4)  沿革(5) 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sophiakai.jp/cgi-bin/blog/mt/mt-tb.cgi/48

コメントする

写真など

  • 上南戦勝利宣言
  • 神田初代理事長
  • 小川体育会OB会 会長