上智大学柔道部OBの皆様

平成271120日の総会で、長嶋前会長の後を受けまして、会長に就任いたしました菅原(昭和62年卒業)でございます。もとより微力ではございますが、精一杯務めさせていただく所存でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、上智大学柔道部OB会は、現役柔道部の支援、及び、OB同士またOBと現役の親睦を図るという二つを主目的として活動しております。

現在我々が抱える主な課題は、以下の3点であろうかと存じます。

 

1.部員の確保

スポーツ選抜制度を持たない大学において、多くの運動部は部員減少という問題を抱えており、上智大学柔道部も同じ状況にあります。OBの皆様には、出身高校柔道部等にコンタクトする機会があり、上智進学を希望する生徒の情報がございましたら、是非お寄せいただきたいと存じます。また、学生の就職活動に際しましても、ご指導・ご協力をよろしくお願い致します。

 

2.財政の安定化

OB会は皆様からの会費で成り立っております。自分の学生時代も、OB会に活動を支られておりました。年会費1万円をご協力いただけますようお願い申し上げます。連盟費、遠征等補助、指導関係費等に使わせていただいており、詳細については、年次総会でご報告申し上げます。また、銀行引落しを設定いただいている方の中にも、引落されていないケースもありますので、ご確認をお願い致します。納付時期に制限はございません。口座は以下のとおりです。

  横浜銀行 新橋支店 (普通)1045180 〈上智大学柔道部OB会〉

このところ、OB会の財政状況は厳しく、単年度赤字により預金を切り崩している状況でございます。3年後にオールミッション大会と、5大学対抗戦の主管校を同時にひかえており、なお一層、広く皆様のお力添えが必要でございます。ぜひとも皆様のご理解ご賛同を賜りたく、何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

3.若手OBの参加拡大

とくに平成以降卒業の皆様が、OB会の活動になかなかご参加いただけないのが非常に残念です。仕事もお忙しい時期であり、試合の応援、練習の指導、総会・懇親会への参加等、スケジュール的に難しいこともあることは十分理解いたします。しかし、OB会は世代ごとに引き継いでいくことで存在しております。各世代の皆様方に、奮って活動にご参加いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

 

上智大学柔道部OB会長

菅原 健(昭和62年卒)


judobu_bn.gif
judo_20160116_m.jpgのサムネール画像

2016年1月16日(土)、新OB会幹部と現役生との顔合わせが行われ、オールソフィアン主催に向けた打ち合わせが行われました。

カテゴリ