2013年11月役員会検討事項のサマリ

11月14日(木)18:30、経鷲会2014年度基本方針について検討いたしました。

重点施策の骨子(素案として):

1.学部との連携強化
  内容は、
  1)幹部教員との食事会
  2)研究奨励金の贈呈
  3)1、2年生対象の就職準備セミナーの実施。

2.組織の充実
 内容は、
  1)オールソフィアンのつどいへの動員
  2)経鷲会ゴルフ大会の実施
  3)20人程度のミニ講演会
  4)落語や歌舞伎鑑賞・スポーツ観戦やハイキング等のミニ企画の実施
  5)広報としてのエコノミアンとブログページの充実
   ・学生に「用1ページ
   ・会員の企業の紹介記事
   ・教授に記事を依頼
   ・奨励金を受賞した学生からのコメントの記載等ます。

3.維持会費(寄付)について
  他の学部同窓会では、卒業時に修身会費(寄付)をお願いする方向性がある。
  経済学部同窓会の経鷲会としても、卒業生や先生に丁寧に説明をして、
  卒業時に修身会費(例として、10,000円程度)の寄付をお願いすることを
  検討する。(副会長 伊達万壽夫 1977経営の私見)

以上

  経鷲会総務委員会 三輪一夫 1978経営

カテゴリ

  • 研究奨励金
  • 総会