2011年1月アーカイブ

<満員御礼>

 

先日ご案内いたしました下記「ソフィアンで愉しむ神楽坂交流会」ですが、
既に定員を上回るお申込みを頂いております。
沢山のお申込みありがとうございます。
 
今後のお申込み分につきましては、キャンセル待ちとして対応させて頂きます。
何卒ご了承頂きたく、よろしくお願い申し上げます。


2011.02.08
幹事:本島(04済済卒)・藤ヶ谷(02文国卒)

***(以下 先日告知内容)***

こんにちは。
本島ちか(2004済済卒)でございます。

昨年9月・11月にご好評頂きました
ソフィアンで愉しむ神楽坂交流会#3のご案内です!!
***

ソフィアン神楽坂会

     

情緒ある昔ながらの街並みを維持しながらも
フランスやイタリアといった新しい流れも受け止め
独特の趣を持ち続ける神楽坂。 

どことなく上智のDiversityと似ている気がします。

上智大学(四ッ谷キャンパス)からも近く、
在籍時代は大人の街というイメージで足を運びにくかった神楽坂ですが、
卒業し、オトナになった今、ソフィアンの仲間同士で神楽坂を愉しみませんか?

今回は神楽坂の代表フレンチをご用意しました。

日時 
     20112月24日(木)20002200
場所       TéMARI(手毬)

お食事代 5,000円 

       (フランス料理特別コース+フリードリンク
定員     20名(先着順)

*
TéMARI 
 
新宿区若宮町10番地
 
03-3268-7729
 http://www.kagurazaka-temari.com/

 

temarilogo.png 

今、注目されつつある地産地消の美味しいお野菜やお肉を、
本場フランスで修業、ミシュランで星を獲得したシェフの腕と、
行き届いた心遣いの素敵な女性オーナーのサービスと共に
楽しい時間をご一緒しませんか?

今回、オーナー様とお話させて頂き、
通常コースだけでも5000円を越えてしまうところを
今回、特別にそのお値段にてコースとフリードリンクをご用意頂きました!

temari.jpg

気負いをしないお値段で、
でも特別な日に相応しい、
神楽坂毘沙門天裏のロケーション、
1軒家のフレンチ、
丁寧で可愛らしい一品一品、
みずみずしい味のする食材と素敵なサービス...
プライベートでもご利用頂けるお店です。

是非、この機会に神楽坂の雰囲気を堪能しましょう!

***

お申込み方法

下記応募フォームにてお申込み下さい。
定員数がありますのでお早めにお申込み下さいませ。

3営業日以内に完了確認のご連絡をさせて頂きます。
締め切りは2月20日(日)です。

折角の機会ですのでソフィアンのご友人もお誘い合わせの上、
ご参加下さいませ(フォームでは3名まで記入可)。 


  応募フォーム

皆さまと神楽坂の夜を愉しめますこと、
また、ソフィアン同士の新たな繋がりが出来ますこと、
楽しみしております。

ご応募お待ちしております!

幹事:藤ヶ谷(02文国卒)・本島(04済済卒)

 

次世代活性化委員会の目指すもの

2011年1月21日のミーティングで、委員長の角井が話したことを、修正を加えて、自筆します。
(文責:角井)


こんばんは!
これから、次世代が何を目指すのかについて話したいと思います。

角井自身も経験したことで、ここにいる全員もイベント参加した人も感じていると思いますが、次世代のイベントに参加すると、モチベートされる(元気になる)とよく言われます。
また、OB会を通じて、 ビジネスでもプライベートでも、人脈が増えると思います。
次世代活性化委員会も、もっと元気が出るようなイベントをやっていきたいです。

また、別の側面の話をします。
大学のブランドや競争力は、卒業生が作るんだと感じています。OBOGの強さが、大学自体の強さ(就職・出世・授業内容)になるんです。

OBOGを強くするために、次世代の活動が出来ると思います。
キャリアアップイベント自体もそうですし、ネオソフィアンでの出逢いもそうです。
OBがエンパワーされるような活動をしています。これからも、もっと強力になると思います。

こういったことから、20代のうちから、出身大学の繋がりを感じてもらい、公私ともにプラスにしてもらうための活動をしたいと思っています。

将来の次世代活性化委員会ですが、年齢で区切りをつけたいと思っています。
いつまでも、やっていたら、僕らが今感じているように、20代30代から見て「ちょっと雰囲気違うな~」となるので、おそらく45歳を区切りにしようと考えています。

また、将来的には、次世代活性化委員会でなく、45歳までのソフィア会「次世代ソフィア会」というものにしたいと思います。これは、個人の考えなので、実現するかは分かりませんが、働きかけようと思っています。

そのためには、単体予算をソフィア会などから頂き、収支管理をして、独立性を保つようにしなければなりません。
あとで話す組織編成は、それを念頭においています。

2009年6月に、藤巻さんと壇上でシャウトした「1万人イベント」を、なんとか実現したいと考えています。
これから楽しかったと感じてもらうイベントを開催していきましょう。
当然、幹事も楽しまないといけません。幹事が楽しくなかったら、参加する人も楽しくありません。

参加してよかった!と言ってくれるイベントを沢山やっていきましょう!
これからよろしくお願いします。

2011年1月21日
コールド・ストーン・クリーマリーの会議室にて

ソフィア会次世代活性化委員会
委員長 角井亮一

組織体制

2011年1月21日のミーティングで、委員長の角井が話したことを、修正を加えて、自筆します。

2010年までは、イベント毎のチームで、活動を行っていましたが、2011年からは少し大きなことが実現できるように、役割分担をして、さらに少し大きな視野が持てるように、チーム制に移行しようと思っています。

ポイントは幾つかありますが、2つだけ書きます。

イベントを系統(グループ)でわけようと思っています。
キャリアについても、現役と卒業生と別々でやるのでなく、一緒にしたほうが、シナジーがありますし、もしかしたら、営業スキルアップセミナーとかということも考えられます。

おもてなし担当を作ろうと思います。
それぞれのイベントで、こうしたほうが来場者満足度が上がるとかを常に考えてもらう担当です。
受付のやり方もそうでし、来場者同士の紹介もそうです。
あらゆることが考えられると思います。

各担当者は、まだ正式に決定していませんが、これから固めていきます。

<組織体制(案)>
「イベント幹事」
  ネオソフィアン: 年3回のネオソフィアンと、NSF
  キャリア系:卒業生向け年3回、現役生向け年2回
  グルメ・地域系: BBQ年2回、神楽坂年2回、渋谷年2回 などなど
  業界系: IT系 ほか 
「おもてなし」 イベント勧誘、来場者満足度向上
「DB」 参加者をデータベース化する、委員会名簿
「IT」 DBや広報をサポート
「広報」 一度参加した人に、また来ようって思ってもらう(メールマガジン、HP)
   参加者募集メールの配信管理、HPは各イベント幹事が行う
「事務局」 イベントスケジュール管理、会議日程設定・リマインド、議事録
「会計」 お金の管理、収支報告書の作成

皆様、こんにちは。

一昨日の1月21日(金)に我々、次世代活性化委員会は
本年初の全体ミーティングを行ないました。

このミーティングでは現役生にも参加していただき、
もう一度、次世代活性化委員会の目指す方向性を全員で確認し、
本年度以降の組織体制に関して意見を交換いたしました。


そして、もう一つ。

本年一番の大イベントであります
『Neo Sophians' Festival 2011』日時場所定いたしました!
※2月1日より、お申し込みが可能となりました。

===================================
『Neo Sophians' Festival 2011』
日時:5月14日(土曜日)16:00〜19:00(※1)
   (アクセス http://www.modapolitica.com/access/

会費:社会人      5,000円
   現役生      3,000円
   昭和以前の卒業生 8,000円


※1 時間は変更する可能性がございます。
===================================

NeoSophian10_0529_1.JPG
本年は昨年のNeo Sophians' Festival 2010の内容を、
洗練・ボリュームアップしソフィアン500名の参加を目指してまいります!!

2011年5月14日(土曜日)は、
是非上智大学のご友人とお誘い合わせの上、ご参加下さいませ。


また、内容やゲストに関しましては、
随時本ブログにて発表させていただきますので、
是非、本ブログのTOPページをブックマークいただき、
更新をお待ちいただければと思います。

3人様.JPG
なお、1月21日のミーティングは
リヴァンプ代表の澤田貴司さん(1981理物)のご好意で
コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン様の会議室をお借りしたのですが、、、

なんと、、、ミーティングの差し入れに
小豆とマスカルポーネの入ったアイスを頂戴いたしました!!!
コールドストーンアイス.jpg

しかも、オフィスにいらっしゃった社員の方が自主的に考えて、
差し入れとしてお持ち下さったそうです!
なんとも嬉しいサプライズ!!

この場を借りて、厚く御礼申し上げます。
澤田さん、社員の皆様、ありがとうございました。

文責:雜賀信之助(2005年 独文卒)

ウェブページ