ソフィアンのオリパラ体験記

| コメント(0) | トラックバック(0)
コロナ禍という未曽有の状況下で開催された東京2020オリンピック・パラリンピック大会。感染者の増大により無観客となり、開催前にはネガティブな反応が多く見受けられました。選手たちのすばらしい活躍や大会関係者、ボランティアの心温まる活動により、大会が進む中で徐々に盛り上がりを見せていきました。そうした中で多くの卒業生がその国際性あふれる能力をいかんなく発揮し、大会を支えていました。ここでは様々な役割で活躍された皆様の活動報告をお届けします。
                                                 ⇓
                                                                                  

TOKYO2020選手村での活動について

| コメント(0) | トラックバック(0)
辻本さん写真.jpgのサムネール画像




辻本 純一(1991年経・経営卒)

パナソニック(株)
担当:東京オリンピック・パラリンピック
   推進本部 選手村プロジェクト
 





■TOKYO2020選手村の開村

振り返ればTOKYO2020大会期間中は、まさに選手村一色の生活でした。

大会スポンサー企業で、2014年から7年間という長期間にわたって選手村の取組みを続けてきたのですが、特に1年延期を経ての開村直前の準備期間は本当に長く感じました。

コロナ禍での大会開催については多方面から色んな声が聞こえてきましたが、関係者・スタッフは迫ってくる開村予定日に向けて、とにかく作業を進めるしかありません。一方で大会関連行事が次々と中止となる中で、ギリギリまで「本当に大会開催されるのか?選手を受入れ出来るのか?」という不安も正直ありました。

そんな中で大掛かりなセレモニーもなく無事?開村となったのですが、開村日以降、少しずつ選手団の入村が始まると、各国の旗や垂れ幕、様々な装飾が宿泊棟に施され、街がどんどん色づいていく様を目の当たりにして、抱いていたモヤモヤとした気分も次第に吹き飛んでいきました。選手たちが村の中を練り歩き、話し声が聞こえるようになると、それまでは、「生活する人がいない、まるで眠っている」街が、TOKYO2020選手村として躍動し始めた!まさにそんな感じでした。

オリンピック開会式当日も現地で選手達がバスで移動するのを見送ったのですが、選手達の本当に楽しそうな姿を見て、「何て贅沢な光景なのだろうか。オリンピックが開催出来てほんと良かった」とスタッフ皆で感動していました。まさに至福の瞬間です。

■大会期間中について

オリンピック選手村は2021713日から8月11日、パラリンピック選手村は8月17日から98日までといったようにそれぞれ開村期間というものがあるのですが、我々スタッフにとっては、とにかく仕事に切れ間が無いという状態です。

大会スポンサー企業のメンバーとして、選手村では本当に様々な施設・設備に携わっていたので大会中はよろず相談窓口といった感じで、まさに「選手村にいること自体が仕事」みたいな状態でした。選手村の敷地は約44haあり、例えてみると少し広さは異なりますが、毎日ディズニーランドを歩き回っているようなイメージです。日陰の少ない選手村で夏を過ごすと、すっかり現場焼け状態です。

ほとんど毎日を選手村で過ごしているのですが、選手村は選手のプライベートな空間なので、職務上以外では、選手に話しかけたりすることは出来ません。

それでも競技会場ではなかなか見ることができない、選手のリラックスした姿をみることができる場に居るというのは本当に貴重な体験です。

例えば、日本では馴染みのある「マッサージチェア」を村内に設置したところ、これが想定以上に大好評で、常に順番待ちという状態でした。リピーター含めて毎日100人以上の選手・関係者に利用してもらったのですが、体格の良い(ちょっといかつい)選手が気持ちよさげに寝落ちしている姿を初めて見ましたが、間違いなく「日本のおもてなし」に満足した瞬間だと確信しました。

マッサージチェアの利用にあたっては、事前の選手への説明や使用ごとの清掃等細かな作業が必要なのですが、ここでもスタッフ、ボランティアの方にとても丁寧に対応して頂きました。選手の中には商品を気に入って「この商品はどこで買えるのですか?」といった質問があり、自主的に某電気店HPを調べて紹介して頂いたりして、そうしたボランティアの皆さんの細かな気遣いもあって施設全体の高い評価につながっているのだと感じました。改めて感謝です。

■大会を終えて

大会が始まるまでの準備期間は、本当に長かったのですが、いざ始まるとあっという間に終ってしまったという印象です。パラリンピック閉会式に向かうバスを見送った時は、本当に泣きそうでした。ほとんどの競技が無観客となり、当初想定した、日本中「街全体が盛り上がるオリンピック・パラリンピック」ではなかったかもしれませんが、間違いなく、選手村には、これまでの大会同様に真剣に競技に取組み、選手村の生活を楽しむ選手たちの姿があったのです。そしてそんな選手村で仕事が出来たことは、本当に贅沢で幸せな体験でした。ありがとうTOKYO2020選手村!

現在は、長く濃い選手村での日々が終わり、オリパラロス状態・・・ではなく、まだ選手村現場での「後片付け」作業を継続しています。

私自身のTOKYO2020選手村は、もうしばらく続くことになりそうです。

東京2020とSOPHIAと私

| コメント(0) | トラックバック(0)
井川さん写真1人.JPGのサムネール画像


井川 新(2006年外・ポル語卒)

東京2020オリンピック・パラリンピック
 大会組織委員会マーケティング局







2001年に外国語学部ポルトガル語学科に入学。

在学中はラクロス部に所属して、2006年に卒業しました。

卒業後は、株式会社電通に入社しました。

 

東京2020大会との関わりは、20154月に勤め先の電通から、東京2020大会組織委員会マーケティング局に出向したところからです。もともと東京2020大会には絡みたいと狙っておりましたが、組織委に出向になるとは思ってもいなかったので、寝耳に水で、当時、相当驚きました。

 

私は当初、アカウントマネージャーと呼ばれる、組織委として、スポンサー企業と向き合う窓口の担当になります。

着任早々、新国立競技場の問題や、大会エンブレム撤回、そして、追い込みをかけるように出向元の電通で起きた残業問題、、、

嵐のような日々が続きました。

 

そこで、力を貸して下さり引っ張ってくださったのが、当時、JOC(日本オリンピック委員会)から出向していた細倉マーケティング局次長(現・JOC 常務理事  事務局長)でした。誰よりもストイックに働き、いつも厳しい雰囲気で、なかなか近づき難かったのですが、なんとソフィアの大先輩であると知りました。それをきっかけに、徹底して様々なことをご指導いただきにいきました。おかげさまで、それ以降、スポンサー企業の皆さんと東京2020大会の盛り上がりになる様なことにトライ出来た気がします。

 

組織委に入り時間を経て、少しずつ余裕が出来て、見えてきたことがありました。意外にも組織委にソフィアファミリーが多いこと!ソフィア会をやって行こう、という運びになり、部署の先輩と幹事をやり、JOCからの皆さまにもお声がけしたり、初回、大盛り上がりに終わり、会を重ねて、一気に組織委の色々な部署に味方を作って行けた気がします。

井川さん新春ソフィア会2020-2.jpg

20188月、ブランド開発およびベニュー統括チームの課長を拝命しました。より大会運営ど真ん中の部署になります。

まずは、東京大会を彩るブランドプロパティを開発するのがミッションでした。エンブレム、マスコット、コアグラフィックス(これを元に大会装飾が作られる)、ピクトグラム、トーチ、メダル、ボランティアが着るユニフォームなどなど、皆さんがテレビや街で見ていただいた、その開発現場の裏には私のいた部署がありました。


それを終えると、次の、そして最大のミッション、その完成したブランドプロパティをオリパラ合わせて43会場の各競技会場にインストールするという史上空前のプロジェクトを完成させるということに取り組みます。上智大学で学び、社会人になってからも鍛えたコミュニケーション能力を持って、とにかく思惑の違う多くの人々と出来る限り平易な言葉での共通言語を持って、会話していくことを心がけました。20202月にはギリギリ、ベニューの大会ルック計画を、組織委、東京都、国と合意をすることが出来て、さぁ、ここから、海外のステークホルダーと向かい合って行くために、一気に作業を進めようという所まで持って来れました。

 

しかし、20203月大会延期の決定、、、

ここでは書ききれないくらい、かなり落ち込みましたが、ひたすらに、一年後、実現させるんだという思いを強く持ち、今まで以上に丁寧に丁寧に仕事を積み重ねて行きました。


そして、とうとう、開会式にたどり着いた時、本当にここでは書き切れないくらい苦労があった分、信じられない位の涙が溢れて来ました。ただ、開会しただけなのに、、、


が、しかし、開会しても、結局、バタバタは続き、一気にまた現実に引き戻され、95日のパラリンピック閉会式までは完全に息つく事はできませんでした。

 

大会が終わり早一か月以上たつ今、大会ももちろん、ここまでの思い出が走馬燈のようにめぐる日々で少し抜け殻になっています。


上智大学関係者の皆様に、お伝えするには拙い文章ではありましたが、こうやって、上智大学のOBが、他の卒業生とともに、世界が注目した東京2020オリンピック、パラリンピックの裏にいて支えていたことを、少しでも伝えることができていたら幸いです。


今後も、この経験を糧に、楽しいプロジェクトに入っていって、また、そこでも上智大学OGOBの皆様といい仕事をしていければと思っております。


パラ活動報告

| コメント(0) | トラックバック(0)
鈴木 孝(1970年理・電卒)    
担当:ボッチャ SID(Sport Information Desk)


初めに2020Tokyoオリンピック・パラリンピック(オリパラ)はコロナ禍で1年延期されて、開催に当たっては賛否ありましたが、無事に終わりました。

さて、ここではパラの活動報告を書く訳ですが、当方のオリパラとの出会いから書き進めたいと思います。

 25年前、現役で仕事をしていましたが、長野の冬季五輪に初めての単身赴任で現地に赴き、必死に仕事をしました。本番ではボブスレー・リュージュ競技のIT部長を務めました。そこでは地元企業のボランティアの皆さんの協力もあって無事に大会を終えることが出来て、この時から人の輪、繋がりの大事さを思い知りました。パラでは選手村でノート型端末の管理の地味な仕事でしたが、それなりに楽しかったです。

その後は2回海外での冬季五輪に応援に行き、長野での出会いに感激して橇競技の公式審判員の資格を取得し、毎年クリスマス頃に開催された全日本大会に競技役員として勤めを果たしました。当時の皆さんとは賀状やSNSで繋がっています。これは当方にとっての宝です。

 こうして今回2020Tokyoの招致が決まった段階で、何かのボランティアでお手伝いが出来ればと思っていました。

その後、或る日刊紙面でボッチャ競技の広告が出ていて、咄嗟にこの競技に関わろうと思い、国内審判員の資格を取りました。今は地元のボッチャ協会にも属して、交流大会や普及に微力ですが、お手伝いさせて頂いています。

そんな関係でオリパラのボランティアの応募ではオリはダメでしたが、パラでは大会ボランティア(Field Cast)としてボッチャ競技に選ばれました。

或る財団のパラのワークショップでは積極的に参加し、ロンドンやリオの事例を勉強しました。そして新型コロナの感染拡大で1年延期になり、一時はオリパラ熱も冷めましたが、リモートでの英会話特訓や役割別研修などでやる気が蘇りました。

 先ず、ボッチャ競技では参加選手は116名、25か国。障害の程度によりクラス分けがあり、BC1からBC4に分かれています。競技は個人戦が4つ、ペア戦が2つ、チーム戦が1つの計7つです。選手は全員が車いすで介助がつきます。

組織としては1.競技運営、2.会場運営、3.会場整備があります。更に、1.ではテクニカル系、サービス系に分かれます。当方の担当はボッチャ競技のSID(Sport Information Desk)で前者に属します。

実際にパラの開会式は8月23日でしたが、当方のボランティアは22日が初日で最終が9月4日で都合、10日間勤め上げました。

SIDの仕事は裏方ですが、非常に重要な仕事です。役割は一口で言うと、「各国競技者に対する各種情報提供と問い合わせ窓口」になります。具体的には●ビジョンボックスの管理運営、●競技スケジュールの更新情報、●試合結果の掲示、●プロテスト受付、●競技会場―>選手村バススケジュールの更新情報、●その他各種情報案内、●ストレージの管理運営(SID分室)●リラクゼーションエリアの管理運営(SID分室)です。

 SIDのボランティアは総勢16名で当方が最年長、午前シフトと午後シフトに分けられて、各自の勤務日程が決まっていました。リーダー役の下ではその日の役割が決まります。理学療法士を目指している大学生も居て、皆さん積極的に体を動かしていました。そんな中、当方は出しゃばらず、仕事はこなす、のモードで老若男として接しました。全く年齢は関係ありません。経験がものを言います。こうしてチームワーク良く大会を終えることが出来ました。特にSIDは選手や関係者と身近に接しましたので、"おもてなし"の気持ちで笑顔で挨拶、声掛けで大会がより身近なものになりました。

鈴木孝さんphoto.no1.jpegのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 ここで写真を数枚、紹介します。

No1.当方のボランティアのユニフォーム姿で、この後記念写真を撮りました。

No2.リラクゼーションエリアの様子です。選手が思い思いに寛いでいます。

鈴木孝さんphoto.no2-2.jpegのサムネール画像


No3.ボッチャ競技の審判の様子ですが、大変な仕事です。

鈴木孝さんphoto.no3-2.jpeg




No4.或る日のボランティアの食事です。

鈴木孝さんphoto.no4.jpegのサムネール画像





最後に今回のボランティアは貴重な経験を務めることが出来ました。期間も長く疲れは蓄積して終盤は大変でした。但し、選手との交流は日に日に増してよかったと思います。

オリパラ後にはボッチャを初めて知って人からは、素晴らしかったよ、の声を聞くと嬉しく良かったと思いました。Boccia万歳です。

今回のオリパラを機会に障害者との共生がうたわれています。日本はこの分野でも遅れているので、共生社会の実現に一歩でも進めばと願っています。

選手村ネイルサロン通訳ボランティア

| コメント(0) | トラックバック(0)

川田さん写真座り.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像


川田リカ(1983年外・ポル語卒)

 担当:選手村ネイルサロン

     通訳ボランティア


オリンピック開会式前の713日からパラリンピック閉会式後の98日までの約2ヶ月間、オリンピック選手村のビレッジプラザ内にオープンしたネイルサロンで、上智大学の卒業生9名、学生20名が通訳ボランティアとして活躍しました。ネイルサロンは午前9時から午後9時までの営業、通訳ボランティアは、前半2名後半2名のシフトで交代しての活動でした。オリンピック選手がネイルをするのだろうか?と少し心配したのも束の間、ネイルサロンは連日大盛況で、一時は行列ができるほどでした。ネイルサロンにはブースが4卓あり、すべてのお客様の通訳を担当したので、お客様が集中したときは、あちこちから呼ばれてかなりの忙しさでした。

オリンピック選手といえど、一部の競技を除けばネイルは認められているようで、世界各国の選手たちが連日来店しました。選手たちは基本的には、選手村と競技場の往復だけで、外出は許されていないので、ネイルサロンで爪を整え、美しくマニキュアをしてもらえると、テンションも上がったようです。自国のナショナルカラーや国旗の色、デザインで美しくマニキュアされた爪を、自分のSNSにアップしている選手も多く、たくさんのいいね!を獲得していました。また、ネイルサロンで可愛いデザインネイルをしたり、金メダルのネイルシールを貼った選手たちが、本当に金メダルに輝き、私たちも嬉しい驚きにあふれました。

川田さん写真立ち.jpgのサムネール画像のサムネール画像

訳ボランティアの仕事は、来店した選手を迎え、会計、フォーム記入の後、各ブースに案内します。爪の長さ、形、色、デザインの希望を聞き、ネイリストに伝えます。ネイルの施術は1時間ほどかかりますので、話し好きの選手は、通訳の私たちとおしゃべりすることもあります。自分の競技の話、家族の話、日本の印象など、ときには自分のSNSやスマホのカメラロールの写真を見せながら、説明してくれます。オフの時間の選手たちは、明るい選手、穏やかな選手、おとなしい選手、いろいろな選手がいらっしゃいますが、テレビでその選手たちの競技を見ると、スイッチの入った選手たちは別人のように集中していて、凜と美しく輝いていました。もちろん私たちは、ネイルサロンに来店した選手たちを、全力で応援しました。

このような貴重な機会を経験することができたのは、上智大学のソフィアオリンピック・パラリンピックプロジェクト(https://dept.sophia.ac.jp/pj/beyond2020sopp/からの呼びかけでした。ソフィアオリンピック・パラリンピックプロジェクトに深く感謝するとともに、これからの活動にも盛大な応援を送りたいと思います。また、コロナ渦の状況の中、ボランティアとして通訳を引き受けてくださった、上智大学の卒業生、学生のメンバーのみなさま、大変おつかれさまでした。30度を優に超える真夏の日々に、選手村に通って熱い時間を共有できたことは、一生の思い出になったことと思います。ありがとうございました。

 

 

東京2020大会体験記

| コメント(0) | トラックバック(0)
川上写真ミライトワ&ソメイティ.jpg
   
 
川上 和哉(1984年法・法卒)
担当:ボランティア面談員
   パラリンピック車椅子バスケット
    (スポーツインフォメーション)
   パラリンピックマラソン(コース管理)




95日、未明から降り始めた雨の中、東京2020最終日は東京ドーム前でのパラリンピックマラソンボランティアとして迎えました。昔から雨男雨男と言われ続けてきた私ですが、山あり谷あり(ばっかり())の東京2020ボランティア活動の再終幕で雨を呼び込んでしまう引きの強さに苦笑を禁じえませんでした。

 以前から携わってきた東京マラソン財団からボランティア面談員に推薦いただき、201812月の説明会で私のボランティア・ジャーニーは始まりました。翌年2月頃から始まった有楽町スポーツスクエアでのボランティア向けイベントでの説明役です。その時にお会いしたほとんどすべての方からいただいた質問「いつ頃役割が決まるんですか?」 模範解答は、「具体的な役割は2020年の3月くらいにはご連絡できる予定です」でした。(遠い目...

その時には、実施までにこれほど長い時間がかかり、これほどいろいろなことが起こるとは夢にも思ってもいませんでした。

まずはラグビーワールドカップのボランティアに従事していたちょうどその頃、マラソン開催地が札幌に変更。2019年のマラソングランドチャンピオンシップのボランティア参加で着々と準備を進めていたのに、無くなってしまうなんて。そしてコロナウィルス感染症蔓延による一年延期

延期の上にオリンピックでの活動は無しになってしまうのかなと悲観的になっていたら、横浜スタジアムでのソフトボール・野球競技のファーストレスポンダー(救急スタッフ)のオファーがあり、ほっと一息。ところが開催直前に決まった無観客開催に伴い、現地でのベニュートレーニングの場で活動無しの通告を受けて再び奈落の底へ。ソフトボール・野球両競技とも日本が劇的な試合で優勝しました。「本当だったらあの決勝の場にいられたのに..」とテレビの前で優勝を喜びながら複雑な思いでいっぱいでした。

 そんな下りばかりのジェットコースターのような紆余曲折を経て迎えたパラリンピック、2017年の総理大臣杯のお手伝いをしたご縁でお声掛けいただいた車いすバスケットボールの競技スタッフとして参加しました。

選手のお役に立ちたいという動機で希望した競技スタッフ。担当は有明アリーナでの「スポーツ・インフォメーション」チームでした。一言で表すと大会本部と各国選手の接点のような役割で、ルーティンとして決まっているのはチームへの試合映像を記録したUSBを手渡すことくらいで、その他は各種の問い合わせ対応がメイン。と言ってもマニュアルがある訳ではなく、受けた質問について自分たちで調べてその回答を基にQ&A集を作ることから始めるような手探り状態。。コピー用紙に手書きのマニュアルは、最終的に20ページ分くらいになりました。そんな業務の傍ら、「せっかく世界中から来てくれる選手たちに楽しんでもらおう」とサービス精神満載のチームメンバーは多士済々。各国の国旗の折紙で鶴を折ったり、事務連絡用のホワイトボードに有明アリーナの全景と選手へのメッセージを描き(書き)込んだりして、殺風景だったサイトが日に日にカラフルに。。これには本部も想定外だったようで、毎日のように視察に訪れては「いいですね」と声をかけてくださいました。

川上デスク折り紙.jpg

川上ホワイトボード.jpg







また選手への食事の手渡し拠点にもなっており、各国の事情やお国柄が垣間見えて楽しかったです。コロナ関連で非常に厳しく管理されている国はミニマムの注文で、かつ取りに来ないこともありました。一方では食事が待ちきれず選手一人ひとりが勝手に我々のサイトの中にまで乗り込んで来て余っているほかの国の分まで欲しがるような国もあり、対策としてバリケードを築かなければならないような事態もありました。またスポーツ・インフォメーションチームには、メンバーの中に複数の車いす利用者の方がいらして、活動を通じて意識せずに自然と対応ができるようになったのは大きな学びでした。また元選手やクラブのメンバーがいらしたため、選手やチームの情報を教えてもらい、日ごとに試合を見る楽しみが増えていきました。メンバーの大半はボランティア活動が初めてで、中には京都や名古屋から期間中ホテルなどに泊まり込んで参加されている人もいました。そんなメンバーさんに囲まれて、リーダーとしての仕事は活動や食事が固定した顔ぶれにならないように毎日シフトを組み替えたり、じゃんけんで決めたりとみんなに楽しんで活動してもらえるようにするくらいでした。

大会が始まった頃は厳しい残暑で、太陽を恨めしく思いながら豊洲の駅から木陰を伝いながら通った道も、終盤は秋らしくまた雨も多くなり少し寂しく感じながらもメンバーと一緒に活動できるのが楽しみで通いました。日本チームは男女とも決勝リーグに進出、特に男子は決勝でアメリア相手にあと一歩で勝利という大活躍を演じました。そんな感動を近くでボランティアメンバーと一緒に経験できたのは、一年延期されオリンピックでの活動がなくなってしまった不運を差し引いてもとても貴重な体験でした。

川上車バス集合.jpg川上車バス単独.jpg



活動を終了して約1か月が経っていますが、この文章を書く中でいろいろ記憶を呼び起こしながら懐かしく噛みしめています。中には次のパリ大会での参加を目ざして活動を始めたメンバーもいますが、私も第二外国語でやったきりご無沙汰のフランス語を最近再開したことを皆さんにお伝えして筆を擱きたいと思います。♪Votre toast je peux vous le rendre. Señors, señors, car avec les soldats...


オンライン講演会「日本の英語を考える

~東京オリンピック・パラリンピック準備過程で得られた知見~」

 

■開催日時:2021年6月25日(金) 19152055100分)

■開催形式:Zoom ミーティング


■開催趣旨:東京オリンピック・パラリンピックに向けての準備過程では、外国人向けに積極的にウェブサイト、刊行物、標識・看板などの英語表記に着手しました。しかし残念ながら、首をかしげたくなるような英語が巷にあふれる結果を生んでいます。上智大学フランス語学科卒業生鶴田知佳子教授に、東京2020で浮き彫りになった日本人の英語発信力についてお話をうかがいます。

■講  師:鶴田知佳子氏  1976年上智大学外国語学部フランス語学科卒業

    東京女子大学教授、東京外国語大学名誉教授、日本の英語を考える会主宰、

    総務省「多言語翻訳技術の高度化に関する研究開発」運営委員、放送通訳者、

    日本通訳学会評議員、日米協会理事、AIIC(国際会議通訳者協会)会員


■共  催:上智大学・上智大学ソフィア会

■担  当:上智大学ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト(SOPP)

上智大学ソフィア会オリンピック・パラリンピック支援特別委員会


申込受付:https://forms.gle/3V3s9ooHXCjo7LEe6      事前申込制

問合せ先:sopp_info-co@sophia.ac.jp


日本の英語を考える.jpg













 <情報提供責任者>

上智大学ソフィア会オリンピック・パラリンピック支援特別委員会委員長  師岡文男

 



2021ASF トークショー
「パラスポーツの現状を考える
~With コロナ & After コロナ」

| コメント(0) | トラックバック(0)
当日pp.パラスポーツの現状を考える 広報.jpg


530日(日)ASF当日 11時~放送公開(68分)

以降アーカイブあり(当日のみ公開の動画部分があります。該当動画部分は日本ブラインドサッカー協会HP【ブラサカルール説明】「ようこそ、ブラインドサッカーの世界へ。」にてご視聴ください。→ブラインドサッカーのルール | 日本ブラインドサッカー協会|Blind soccer (b-soccer.jp)  

 

視聴方法 ASF2021特設サイト(https://sophiakai.net/asf2021/にアクセス

     →放送コンテンツ<タイムテーブル>をクリック→企画一覧から当企画をクリック!

     企画ページのURLはコチラ→https://sophiakai.net/asf2021/%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%80%8c%e3%83%91%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%81%ae%e7%8f%be%e7%8a%b6%e3%82%92%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bd%9ewith/

視聴QRコードはコチラ

   ↓

短縮QR.png




【上智大学ウェビナー「オリンピックとジェンダー」開催のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)

5.21ウェビナー後援入り.jpg

開催趣旨:性別や性的指向による差別を禁じたオリンピズムの根本原則は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の辞任と組織委員会女性理事数の大幅増員という変革のきっかけになりました。橋本聖子新会長を選任し、12名の女性理事を増員した組織委員会の冒頭で「オリンピック憲章とジェンダー」をテーマに講演を行った日本スポーツとジェンダー学会会長の來田享子中京大学教授からオリンピックムーブメントによるジェンダー平等の歩みを聴き、一人ひとりの意識改革を目指します。 

 

開催日時:2021521日(金) 19152055100分)

開催形式:Zoom ウェビナー

対  象:上智大学学生・教職員・卒業生、一般 (事前申込制) 

主  催:上智大学 (ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト)

後  援:上智大学ソフィア会

                  (担当:オリンピック・パラリンピック支援特別委員会)

司会進行:師岡文男 (上智大学名誉教授「オリンピック・パラリンピック概論」担当教員) 

参 加 申込 ウェビナー登録 - Zoom

 


ウェビナー開催報告
「コロナ禍に考える:
スポーツのチカラと難民アスリート」

| コメント(0) | トラックバック(0)

ウェビナー開催報告

「コロナ禍に考える:スポーツのチカラと難民アスリート」

 

2021 2 23 日、ソフィア会(オリンピック・パラリンピック支援特別委員会)・上智大学・UNHCR 駐日事務所、国連 UNHCR 協会共催ウェビナー「コロナ禍に考える:スポーツのチカラと難民アスリート」が開催されました。


4人スクリーンショット.png

曄道学長の開会の挨拶に続いて、UNHCR 駐日事務所のディアナ・ビティティ氏が「スポーツと難民保護」をテーマに基調講演を行いました。UNHCRの活動や果たしている役割、難民の現状などについて語り、スポーツが難民保護や受け入れコミュニティとの関係構築のために重要な役割を果たしていることについて説明がありました。リオ五輪で初めて結成された「難民選手団」にも触れ、難民アスリートの活躍が全世界の難民の希望になっていることも紹介されました。

続いて、国連 UNHCR 協会報道ディレクターも務めるキャスターの長野智子氏(85年外英卒)をモデレーターに迎え、ビティティ氏、元オリンピック・マラソン選手の瀬古利彦氏、藤井里奈さん(外独4年在学)が参加し、パネルディスカッションを行いました。

瀬古氏はマラソン選手としての経験を通じて、藤井さんはドイツ留学中に難民キャンプでのボランティア経験を踏まえて、それぞれの難民とのかかわりをもとに、スポーツの持つチカラとは?難民にとってのスポーツとは?日本人、とりわけ若い人が難民問題にどう関わるのか?について活発な議論が交わされました。

難民の半分以上が 18 歳未満であることから「若者に対するスポーツの取り組みは重要であり、スポーツが原動力となり自信や生き抜くチカラにつながっている。すべての人が平等にスポーツにアクセスできる環境が大切」とビティティ氏は伝えていました。

最後にソフィア会鳥居会長が、UNHCRの活動への敬意と共に、世界の現状に対して関心を高める必要性について語り、「日本から支援の輪が広がっていくことを願っている」との閉会の言葉を寄せました。

チャットにも多数の質問が寄せられ、参加者の関心の高さがうかがわれました。

本ウェビナーでは難民たちがどのような環境下にあり、その中でスポーツが難民支援の現場でどのような役割を果たしているのかについて考える機会となりました。その上で私たちが関心を持つこと、伝えていくことの重要性を強く訴えるものとなりました。

本イベントのアーカイブはこちらから。 https://youtu.be/9r8Mes5-ElQ

 (オリジナル音声となります。)

2.23難民ウェビナー(サムネイル) 申込QR無し.jpg

ウェビナー開催のご案内

| コメント(0) | トラックバック(0)
「コロナ禍に考える:スポーツのチカラと難民アスリート」
スポーツが難民支援の現場で果たす役割~
オリンピック・パラリンピックを目指す難民アスリートの声を伝える

開催日時:2021年2月23日(火・祝)17~19時 ZOOMウェビナー
どなたでもご参加いただけます(先着3000名)
お申し込みはコチラ→https://forms.gle/Ps3XaBHjrHJXVtZK8

表【確定版】2.23ウェビナーチラシ(ソフィア会発信).JPG















































裏【確定版】2.23ウェビナーチラシ.JPG



オンライン講演会「上智大学と1964年東京オリンピック」のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)

上智大学ソフィア会オリンピック・パラリンピック支援特別委員会からオンライン講演会のお知らせです。


テーマ:「上智大学と1964年東京オリンピック」


内 容:上智大学発展の契機となった1964年東京オリンピックへの上智大学の協力と学生

   ボランティアの活躍を当時の資料・データに基づき『大学とオリンピック』(中央公論新社)

   の著者小林哲夫氏に講演いただき、当時学生ボランティアとし活躍した上智大学

   卒業生とのトークショーを行う。

共 催:上智大学ソフィア会・上智大学

担 当:上智大学ソフィア会(オリンピック・パラリンピック支援特別委員会)

日 時:20201219日(土)18:00 19:30

会 場:Zoom使用によるオンライン方式

参加対象:上智大学卒業生・教職員・学生(事前申込制)

講 師:教育ジャーナリスト 小林哲夫氏 (『大学とオリンピック』中央公論新社 著者

 『大学ランキング』朝日新聞出版 編集長

ゲスト:1964東京オリンピック仏語通訳ボランティア 庄司和子氏(65外仏卒)

司 会:師岡文男(上智大学ソフィア会オリンピック・パラリンピック支援特別委員会委員長、76文史卒)

申し込み方法:参加申し込みは締め切りました。

申し込み締切日:12月10日(木)

お申込みいただいた方(エントリーで登録されたメールアドレス)に参加情報ご連絡いたします。

小林哲夫氏キャプション入り.jpg
庄司和子さん2キャプション入り.jpg















情報提供者:師岡文男(上智大学ソフィア会オリンピック・パラリンピック支援特別委員会委員長)

オンライン「オリパラ メディア ソフィアンズ シンポジウム」

| コメント(0) | トラックバック(0)

ソフィア会オリンピック・パラリンピック支援特別委員会からオンライン・シンポジウムをご案内します。


<開 催 要 項>

 

テーマ:「オリンピック・パラリンピック報道は何を伝えるべきか」

内 容:オリパラ報道に影響力を持つ卒業生に、スポーツを通じて差別のない平和な

  共生社会構築を目標に掲げるオリンピック・パラリンピックをどう報道していくことの

  考えを聞き議論を行う。


共 催:上智大学ソフィア会・上智大学

担 当:上智大学ソフィア会(オリンピック・パラリンピック支援特別委員会)

日 時:2020124日(金)17:20 19:00

会 場:Zoomを使用したオンライン形式

参加対象:上智大学卒業生・教職員・学生(事前申込制)

パネリスト:竹内 浩氏(共同通信論説委員、IOCプレス委員、JOC元理事、77外独卒)

     山本修司氏(毎日新聞オリンピック・パラリンピック室長、86文新卒)

司 会:  師岡文男(上智大学名誉教授、「オリパラ概論」コーディネーター、76文史卒)


申し込み締切日:11月26日(木)

申し込み方法:WEBエントリー(お申し込み受付けは終了いたしました。)

お申込みいただいた方(エントリーで登録されたメールアドレス)に参加情報をご連絡いたします。

縮小竹内浩氏.jpg

山本修司氏縮小.jpgのサムネール画像










情報提供者:師岡文男(オリンピック・パラリンピック支援特別委員長)


                       

ソフィア祭 イベントのご案内

| コメント(0) | トラックバック(0)
ソフィア祭実行委員会では11月3日に「東京オリンピック開催1年前映画上映&トークショー」を行います。
また各種体験会も同時開催いたします。
ぜひソフィア祭でにぎわっている母校へ足をお運びください。

日時:2019年11月3日(日)
場所:6号館101教室他

ソ祭イベント.jpg

目白聖母キャンパスの集いのご案内

| コメント(0) | トラックバック(0)
オリパラ委員会ではNEXT100 委員会と協力して、聖母キャンパスにおいてボッチャの体験会や映像上映、ハンドアート・プロジェクトを実施いたします。
ぜひ聖母キャンパスにいらしてください!

日時:2019年11月17日(日) 11~14時
場所:上智大学目白聖母キャンパス

聖母イベント.jpg

上智ラグビーフェスティバル

| コメント(0) | トラックバック(0)
ラグビーW杯いよいよ開幕!
上智大学ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクトは日本VSアイルランドの試合日にあわせてラグビーフェスティバルを開催します!
試合のパブリックビューイング以外にも、ラグビー体験・パラスポーツ体験・映画上映・トークショーなど楽しい企画が盛りだくさん!
卒業生の皆様もご家族、お友達とご一緒にぜひ母校でラグビーを楽しみましょう!

日時:2019年9月28日(土)11:00~18:00
    パブリックビューイング 16:00~18:00
場所:上智大学構内
    パブリックビューイング 6号館101教室

主催:上智大学ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト
協力:一般社団法人国際食文化交流協会、NEC、NECボッチャ部

ラグビーフェス.jpg

オリパラ交流会のご案内
「オリパラの言語サービスって⁈」

| コメント(0) | トラックバック(0)
オリパラ3大会を経験した達人から、現場を学ぼう!

日時:2019年8月31日(土) 17~19時
会場:上智大学6号館502教室
対象:上智大学卒業生・在学生・教職員
参加無料
申し込みはコチラ→https://forms.gle/ogs2huGsGYC3c16J8
申し込み締切:2019年8月29日(延長しました)
申し込みフォーム入力後の自動返信メールの対応はございません。

8.31交流会HP掲載用.jpg

パラスポーツと共生社会
国際パラリンピック委員会の事業とオランダの事例

| コメント(0) | トラックバック(0)

◆講演会のご案内◆

 

パラスポーツと共生社会

~国際パラリンピック委員会の事業とオランダの事例~

パラスポーツを通した共生社会の構築について、国際パラリンピック委員会(IPC)とオランダの先駆的な事例に迫る!

 

日時:201971日(月)19302030(開場1915

会場:上智大学2号館4401教室

定員:250名(先着順・事前申し込み不要)

対象:学生・教職員・卒業生・一般の方

 

登壇者1:Rita van Driel(リタ ファン ドリエル)さん

NOC/NSF パラスポーツプログラムディレクター

IPC理事、IOC開発委員会委員長 他

登壇者2:Marlene van Gansewinkel(マーリーン ファン ガンセウィンケル)さん

     ・パラアスリート(パラ陸上競技、女子100m200m世界記録保持者)

     ・現役学生

 

詳細はコチラ→ https://www.tokyo2020sopp.com/home/news-events/news20190701/


リタ氏講演会HP用.jpg

 

主催:上智大学ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト

後援:上智大学ソフィア会オリンピック・パラリンピック支援特別委員会

1964 東京パラリンピック映画上映会のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)

1964東京パラリンピッ映画上映会のお知らせ】

 

この度発見された幻の「1964東京パラリンピック記録映画」を、上智大学が下記の通り6号館1階101教室(733名収容)で、学生、教職員、卒業生と一般にも無料公開することになりました。

 

◆7/13()大映制作映画 文部省推薦「愛と栄光の祭典」

◆7/19()NHK厚生文化事業団制作映像「1964東京パラリンピック」 

 

いずれも17:30-19:00(上映後のトークショーも含む)に開催いたします。

両作品とも運営側の活動もリポートしている貴重な映像です。

上映後、制作に関わった方々、1964大会出場者の皆様とのトークショーも行います。

 

この上映会については、毎日新聞が5/25の夕刊に掲載しています。

 https://mainichi.jp/articles/20190525/k00/00m/040/044000c

 

参加申込受付は、以下の「上智大学ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト」のwebsiteで、5/27()から開始されています。先着順で受け付けます。

 https://www.tokyo2020sopp.com/home/news-events/news2019071319/


パラ映画上映会-1.jpg


【情報提供責任者】

上智大学ソフィア会オリンピック・パラリンピック支援特別委員会

委員長  師岡文男(上智大学名誉教授、76文史卒)

ALL SOPHIANS FESTIVAL
体験会と情報ブースのご案内

| コメント(0) | トラックバック(0)
無題.jpg
オリパラ委員会では5月26日(日)ASF当日にパラスポーツ体験会と情報ブースを開催いたします。
10:00~15:00 メインストリートテントでお待ちしています。