オンライン上映会2021.jpg

上智大学を卒業した先輩方(佐々木治夫神父(1955 院前神)・江節郎神父(1971 院前神))のブラジルでの活動を紹介した映像「生きている聖書の世界 ブラジルの大地と人に学ぶ」を鑑賞しながら、このドキュメンタリーを撮影した思いやブラジルでの活動を話していただきます。

 

日時:2022129日(土)20:00

形式:オンライン(Zoom

スピーカー:岡村淳さん(記録映像作家、ブラジル在住)

対象者:興味がある人どなたでも

申込先:

https://us02web.zoom.us/meeting/register/tZctcuGhpzMsGNW9yMTkF8trb8B7WunPJp0H

オンライン上映会20212.jpgのサムネール画像

269598917_10226438188523481_5534763778019410338_n.jpg
Feliz Natal e próspero Ano Novo!

====
2021-12-25 075834.jpg
De: Maria Paula Reis Gomes 
Um Santo Natal e Festas Felizes a todos!

2021-12-07.png
ポルトガル語学科で教鞭を取られていたアルヴァレス先生とご主人とで出版した著書に関しての記事をブログでご紹介いたします。

====

Meio século no Japão a ensinar português a diplomatas e a candidatos a fadista

Manuela e José Álvares conheceram-se na Universidade de Coimbra e casaram já a saber que iriam para Tóquio. Regressaram a Portugal depois de 48 anos a ensinar no Japão a língua e a cultura portuguesas e lançaram agora o livro Novos Ensaios Luso-Nipónicos.

続きは下記のリンクより

Meio século no Japão a ensinar português a diplomatas e a candidatos a fadista (dn.pt)

「ローシャイタ先生が始めたブラジルの子供支援」の有志のメンバーより下記の動画を皆様にシェアしてくださいと預かりました。どうぞご覧ください。

=====================

2021年クリスマス・ブラジルの子供支援

ローシャイタ先生の始められたブラジルの子供支援に2021年クリスマスも皆様のご支援をお願い致します。ブラジル・ポルトアレグレ Fé e Alegria の子供たちにクリスマスプレゼントを送りましょう。


paulabible.JPG

なかなか授業で触れることはない、聖書の言葉をポルトガル語で学んでみませんか?日本語の聖書にも触れたことない方、興味があるけれどポルトガル語は久しぶりという方も歓迎いたします。是非、ご参加ください。

 

l  日時:①2021128日(水)19002000

      ②2022112日(水)19002000

l  講師:マリア・パウラ・ レイス・ゴメス先生

       ポルトガル語学科非常勤講師、セルヴィ・エヴァンジェリー宣教者の会

l  形式:Zoomミィーティング

l  対象者:ご興味あるかたどなたでも

l  申込先:ポルトガル語学科同窓会事務局(portugues@sophiakai.gr.jp)にお申し込みください。申込された方には、Zoomミィーティングを送りします。

2111032.png2111033.png

宣教師として活躍している西村さんにアルゼンチンや日本での活動及びや2年前の教皇フランシスコ来日について、先日出版された教皇フランシスコ著『回勅 兄弟の皆さん』を翻訳について等を話してくださいました。

ご関心ある方は、アーカイブでも視聴できます。

URL:  https://youtu.be/cmu_EVgsnFg

 

世界の卒業生と繋がろう!.jpg

今回のスピーカーは、アルゼンチンで宣教師として活躍し、この度出版された教皇フランシスコ著『回勅 兄弟の皆さん』を翻訳した西村さんです。西村さんには、現在、所属されている宣教会に入会した経緯からアルゼンチンでの活動や2年前の教皇フランシスコ来日についてなど中心に話していただく予定です。

 

スピーカー:

- 西村 桃子 さん (1999年卒)

セルヴィ・エヴァンジェリー宣教者の会

 

モデレーター:

- 三島 心 さん (1997年卒)

  サレジオ修道会神父 

 

■詳細:

-日時: 2021113日(水・祝) 19:0020:00

-参加方法: オンライン(ポルトガル語学科同窓会YouTubeライブ配信) 

           https://youtu.be/cmu_EVgsnFg

 

注) 質問は、事前に同窓会メール(portugues@sophiakai.gr.jp)あてにお送りください。
また、当日は、YouTubeコメントでも受け付けます。

注) ライブ配信はアーカイブとして後日YouTubeでもご覧いただけます。


今回は、ニューヨーク在住の岡田さんにご登壇いただき、現在ご勤務されているニューヨーク訪問看護サービス(Visiting Nurse Service of New York)ホスピス緩和ケア職場のご紹介、スピリチャルケア・カウンセラーという立場や終末期スピリチュアルケア・ホスピス緩和ケアについて中心に話していただきました。

09182021 (1).JPG

また、コロナ時代の意識と取り組みの進展といった、昨今の状況下の中での取り組みや対策などをご紹介してくださいました。

09182021 (2).JPG

録画映像はYouTubeで公開されております。関心がある方はどうぞご覧ください。

URLhttps://youtu.be/AFad1q9s4bI

 

スピーカーの岡田さんに、質問等ございましたら、ポルトガル語学科同窓会事務局のメールアドレス(portugues@sophiakai.gr.jp)まで、ご連絡ください。

 


1999年卒、 西村桃子さんが翻訳した『 回勅 兄弟の皆さん  』の出版のお知らせです。

210916book.JPG

NY.jpg

今回はニューヨーク在住の岡田圭さんです。 岡田さんは、2019年11月のポルトガル語学科同窓会主催の「卒業生によるカジュアル講演会&忘年会」では、「最期までいのちが大切にされる社会意識を育てるために」についてお話してくださいました。今回は、ニューヨークのコロナ状況をはじめ、専門のホスピス緩和ケアを中心に話をしていただきます。

 

スピーカー:

- 岡田 圭さん1981年卒)

ニューヨーク訪問看護サービス、終末期スピリチュアルケア・プログラム・マネージャー、専門チャプレン協会(Association of Professional Chaplains)の認定チャプレン。上智大卒業後1982年にロータリー財団奨学生として渡米。1984年よりニューヨーク在住。絵画専攻で美大卒業後、ダンサーたちとの舞台活動を経て1990年、聖書を原語で学びたいとユニオン神学校入学。現場教育の授業でチャプレンの仕事を知り、チャプレンの臨床訓練 CPE (Clinical Pastoral Education) をニューヨーク・プレスビテリアン・コーネル大学医療センターとスローンケタリング癌センターで受ける。2006年よりニューヨーク訪問看護サービス(Visiting Nurse Service of New York)ホスピス緩和ケアにて勤務。

2019   Meet Four More VNSNY Staffers with Hidden Talents!

https://frontline.vnsny.org/a-rock-guitarist-a-deep-sea-fisherman-a-hit-music-producer-and-a-spiritual-artist-meet-four-more-vnsny-staffers-with-hidden-talents/

2017   岡田圭写真展「あの日あの時」 石川国際交流サロン

http://www.ifie.or.jp/staffblog/entry/227038.html

 

モデレーター:

- 森 泰憲 さん (1982年卒)

ブラジル留学(Juiz de Fora連邦大学)後、三井物産株式会社入社。4か国通算21年間海外駐在(スペイン支店長、チリ三井物産社長を歴任)や経営企画部海外室長を歴任。2016年以降、山形特命観光大使・つや姫大使を務める。スピーカーの岡田圭氏とは1977年にポルトガル語学科に入学し、上智大学学生寮で4年間と共に過ごす。チリ駐在中(2006年~2013年)には、岡田氏とはニューヨーク出張中に毎年会ったり、スペイン駐在時には岡田氏がマドリードを訪問した際にセビリア旅行するなど親交を深めている。

 

■詳細:

-日時: 2021918日(土) 10:0011:00JST

-参加方法: オンライン(YouTubeライブ配信) 

        https://youtu.be/AFad1q9s4bI

注) 質問は、事前に同窓会メール(portugues@sophiakai.gr.jp)あてにお送りください。

注) ライブ配信はアーカイブとして後日YouTubeでもご覧いただけます。

 


同窓会各期幹事及び会員 各位

ポルトガル語学科同窓会は、現在の立場である「各種ソフィア会」から「学部学科同窓会」へ移行することになりました。それに伴い、現在の会則を「学部学科同窓会」向けに改定する必要があるため、臨時総会を総会と同様にメール審議で行いました。下記の資料を会員の皆様に配信して決議を募る方式になりました。 

 

1)臨時総会資料2021 (資料:臨時総会資料2021.pdf


2)会則改定2021
(資料:上智大学外国語学部ポルトガル語学科同窓会会則2021.pdf

 


202107300201-2.jpg

写真1)新型コロナウィルスによる経済への影響をまとめた資料


ポルトガル語学科同窓会主催の「世界の卒業生と繋がろう!」は、インターネットを利用して世界各国で活躍している卒業生にお話しを聞くオンラインイベントです。今年度の最初のウェビナーは722日に開催されました。

昨年に引き続き、モザンビーク在住の木村さんにコロナの状況、出張で訪れた地域中心にお話しいただきました。最後は、こんな状況でも日本とモザンビークの高校生とのオンライン交流会についても話してくださいました。

202107300202.jpg

写真2)カーボデルガード州公式訪問の様子


ben-chan2021.JPG


『モザンビークから来たベンちゃん』

大使館職員で日本での経験をポルトガル語と日本語で綴ったブログです。

URLhttps://benvindamoz.wixsite.com/mysite

 

録画映像はYouTubeで公開されております。関心がある方はどうぞご覧ください。

URLhttps://youtu.be/n3coJnhhDTM

202107260101.jpg

留学生とのオンライン交流会を79日から11日までの3日間開催しました。留学生はそれぞれのテーマをポルトガル語、日本語や英語などの言語で説明してくださいました。交流会の最後は、参加者と留学生とお互いに連絡先を交換するなど楽しい一時間でした。

このようなカジュアルなオンラインイベントをまた開催したいと考えております。今回、参加できなかった皆様、是非、次回はご参加ください!




前回の記事:「世界の卒業生と繋がろう!キプロスより」① 続きです。

******


210717 (1).jpg


前回、キプロス島は南側のキプロス共和国と北側のトルコ占領地域である北キプロスに分かれているとお話しましたが、その南北を隔てるバッファゾーンの数か所にキプロス共和国と北キプロスの往来のための検問所があります。

 

私の住むキプロス共和国から、南側と北側ふたつの検問を通過して北キプロスへ入ると、すべてが基本トルコ語表記、通貨もトルコリラになり、お店にはトルコ製の物が多く並ぶなど、雰囲気がグッと変わります。ちょっとした旅行気分になれることもあり、息抜きに首都ニコシア旧市街の北側へ散策に行ったり、東に角のように伸びているカルパス半島まで海水浴に足を伸ばしたりと、北側へは頻繁に出かけていました。

 

210717 (2).jpg

それがここへきての新型コロナウイルスによるパンデミックの影響で、つい先日まで、全検問所が(特にキプロス人以外の外国人にとっては)15か月もの長きにわたってほぼ閉鎖となっていました。検問所の動向は南北の政治情勢などを濃厚に反映するのですが、ロックダウンなどの双方の地域の対策に便乗して、分断を深めるような政治的な動きが背後で行われているようだ...というのがもっぱら周囲の見解でした。

 

そしてこの間、北側に住むトルコ系キプロス人の友人たちとは、すぐそこにいるのに会えないという切ない状況になってしまい、南北に横たわる問題の根深さ、いつでも完全な断絶となりうる危機感を肌身で感じた期間でもありました。

 

TitleJul2021.JPG

インターネットを利用して、海外で活躍している卒業生と繋ぐオンラインイベントを開催したいと思います。昨年に引き続き、木村さんにはモザンビークの紹介、特に実際に訪問された地域について中心にお話していただきます。


■ スピーカー:

- 木村 元 さん 1983年外葡卒)

卒業後、外務省に入省。その後、マナウス総領事館、在ブラジル大使館、在ポルトガル大使館、在ポルト・アレグレ総領事館、在リオデジャネイロ総領事館等で勤務。在パラグアイ大使館、中南米局南米課地域調整官を経て、2017年在クリチバ総領事に就任し、2020年より駐モザンビーク特命全権大使に就任。


■ モデレーター:

- 大谷 恵 さん (1994年外葡卒)

卒業後、食品商社、リスボン国際博覧会協会事務局、アーティストの個人事務所、輸入車メーカーなどを経て、株式会社コーチ・エィに広報担当として入社。現在は、コーチとして金融、製造、サービス業などの役員や管理職、中小企業経営者などにコーチングを行っている。

 

■詳細:

-日時: 2021年722日(木・祝日)18:00

-参加方法: オンラインYouTubeライブ配信

 https://youtu.be/Nr8aDk5vZ0U

注) ライブ配信はアーカイブとしてYouTubeでご覧いただけます。




batepapo202107.JPGワクチン接種が始まっても、まだ以前のように海外へ行くことができないと思います。そんな中、ネットを利用して、日本に留学しているポルトガル語圏出身の留学生と話をしませんか?

  •  開催時期:79日(金)~11日(日)
  • 対象:卒業生、現役学生及び興味のある人
  • 参加費:無料
  • 言語:ポルトガル語、英語、時々日本語
  • オンラインツール:WebEx Meeting
  • 申し込み先:終了しました。


<プログラム>

79日(金) (日本時間)午後7時~

「ブラジルの音楽:ポピュラ音楽について(Nova MPB)」

Luiz Augusto Adorno (ブラジル出身、2019年度上智大学交換留学生)

2019年秋学期、交換留学生としたLuizさん、今でも上智関係者との交流を楽しみにされております。プレゼンは英語で行われます。質問タイムでは、ポルトガル語や日本語でも大丈夫とのことです。

 

710日(土) (日本時間)午後6時~

「地域ごとのカーニバルのご紹介」

Beatrice Melo (ブラジル出身、上智大学博士課程在学中)

ファッションデザイナーでもあるBeaさん、各地域のカーニバルについて、写真や音楽を通してご紹介してくださいます。プレゼンは英語で行われます。

 

710日(土) (日本時間)午後8時~ キャンセルになりました。

「私の町、サンパウロについて」

Bruna Oliveira (ブラジル出身、2019年度上智大学交換留学生)

当日は、ブラジルより参加されます。プレゼンは、ポルトガル語で行われます。

 

711日(日) (日本時間)午後6時~

「ブラジルのポップカルチャー:アニメ」

Samuel Conde Amorim (ブラジル出身、上智大学博士課程在学中)

大学では、国際関係を専攻しているサムエル君。皆さんとポルトガル語での交流を楽しみにしております。質問タイムでは、英語・日本語でも大丈夫とのことです。

 

711日(日) (日本時間)午後730分~

「モザンビークの文化多様性:音楽とダンス」

Manuel Nopeia (モザンビーク出身、九州大学博士課程在学中)

Elsa Pansilvania Manjate(モザンビーク出身、秋田大学博士課程在学中)

伝統的な踊りや音楽を含めた、モザンビークの文化多様性を紹介してくださいます。プレゼンは英語で行われます。

 

注)プログラムは変更される場合があります。最新の案内は同窓会ブログをご覧ください。


今回は、オンラインイベントではなくブログ記事として、キプロス在住の岩田さん現在お住まいの国について紹介していただくことになりました。記事は何回かに分けてお送りいたします。

 

+++++++

210530-1.jpg

みなさん、こんにちは。ヤーサス!ポルトガル語学科2003年卒の岩田芙美子と申します。このたびは2015年より縁あって暮らしているキプロスという小さな島国について、みなさんにご紹介できればと思います。

「キプロス...世界史で耳にしたことがあるような...。たしかサッカーで日本と対戦してなかったっけ...?」キプロスと聞いてパッと思い浮かぶのは一般的にはこんなところでしょうか。他にも、珍しい分断国家として覚えている方もいるかもしれません。

そうなんです、キプロスは南北に分断されており、島の南側のキプロス共和国と北側の通称北キプロスに分かれています。

キプロス共和国は、EU加盟国かつギリシャ語(実際にはキプロス系ギリシャ語)が公用語であることから、地中海に浮かぶヨーロッパの国として紹介されることが多いのですが、実は北キプロスはトルコの占領地域であり、トルコ語(キプロス系トルコ語と本土のトルコ語)が話されています。また、島自体の地理的な位置も、トルコのほか、レバノン、シリアといった中東地域がもっとも近く、ヨーロッパの雰囲気をもちながらも中東の色合いの濃い独特の場所です。


同窓会各期幹事及び会員 各位

新型コロナの関係、今年もソフィア会主催ホームカミングディーであるASFはオンライン開催でした。そのため、ASFの日に行っていた総会ですが、今年度もメールで活動報告書、決算報告書及び活動予定書を会員の皆様に配信して決議を募る方式になりました。 

2021年度ポルトガル語学科同窓会総会議事録】

1、前年度の活動報告(含む会計報告)について

・事業報告 

 (総会資料2021.pdf

・会計報告 

 

2、新年度の活動計画について

卒業生及び現役学生が参加できる、イベントを開催予定。

新型コロナ(Covid-19)の関係で、今年度もオンラインイベント中心に考えております。

 メール総会(2021530日(日))

 Remo懇親会(2021530日(日))

 留学生とのオンライン交流会(20217月初旬頃)

 講演会 又はウェビナー(Webinar

 

3役員改選について

新役員は次の通りに決定した。(敬称略)

  事務局長: 金谷春美(35期) 留任

   会計: 川田大介(16期) 留任

   会計監査: 森泰憲 (14期) 留任

   一般役員: 渡邉純夫(12期)、藤山緑(14期)、吉田真康(19期)、岸本恵美(19期)、山崎 琢磨 (49留任


4、その他

「ローシャイタ先生の始めたブラジルの子供支援」の活動について

  資料2(「ローシャイタ先生の始めたブラジルの子供支援」の活動について).pdf 

「日本語ボランティア」について

春休み期間中、東ティモール留学生2名にオンラインによる日本語レッスンを行いました。昨年同様、何名かの卒業生が手を挙げてくださいました。今年は、会話と宿題として漢字の練習を中心に勉強しました。レッスンを担当してくださった会員の皆様には、事務局より御礼申し上げます。



ポルトガル語学科同窓会々員 各位

既に、皆様にお知らせした通り、ポルトガル語学科同窓会の総会はメール審議で行います。
ASF当日は、世代を超えた出会いの場として、オンライン懇親会を開催したいと思います。
皆様どうぞお誘いあわせのうえ、ご参加ください。



■日時:2021年5月30日(日)  11:00-13:30
■参加リンク:Remo
https://live.remo.co/e/asf2021_hzkmneln6ixm
■参加について:出入り自由です。お子様の参加もOKです。

お問い合わせ先:
ポルトガル語学科同窓会 事務局
メール:portugues@sophiakai.gr.jp
Blog:http://www.sophiakai.jp/blog/portugues/

ポルトガル語学科同窓会 事務局


ポルトガル語学科同窓会の皆様と

上智大学卒業生・関係者の皆様へ

お礼とご報告

 

26日に行われました、Fundação Fé e Alegria do BrasilRio Grande do Sul支部との初のオンライン・ミーティングの際には、多くの方々がご視聴くださり、お陰様で総額10万円ものご寄付が集まりました。

ミィーティングの映像はこちら:https://youtu.be/dTLWrAHXjRk

 

昨年はコロナの影響でクリスマス献金が出来ませんでしたので、今年は、43日のイースターに合わせて、皆様から寄せられた全額を現地へ送金させていただきました。ここに、お礼とご報告を申し上げます。

(送金手数料差引後Fundação Fé e Alegria 入金額BRL 4,985.11)

 

この度、Fundação Fé e Alegria do BrasilRio Grande do Sul 支部の責任者の1人、Diretor Ir. Edilberto 師よりビデオメッセージが届きました。

コロナ・パンデミック下での最新の取り組みが報告されています。どうぞご視聴ください。

       (日本語字幕付き) https://youtu.be/LBsXM-CsVuo

 

 引き続きご協力ご支援下さいますよう、お願いいたします。

 

  2021.5.6

                 角 智織(19)、岸本恵美(19) 

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.25