<ロシア学科同窓の皆さま>

講演とワインを飲もう会へのお誘い
あっという間に11月、そして12月。長いようで短かった平成30年...
平成最後の忘年会はどんなご予定ですか?
マスコミ・ソフィア会では来る12月10日(月)18時30分(受付18時)からソフィアンズクラブでちょっとためになる話を聞いて、ワインを飲みながら平成を振り返る集まりを計画しました。

講演は会員の加藤春一さんによる「縄文道」がテーマです。何だか堅苦しいと思わないでください。今、「縄文」が様々な角度から見直されているのです。今夏の格別な猛暑にも関わらず、上野で開かれた「縄文展」は大盛況でした。
それはなぜか?加藤さんの説く「縄文道」が教えてくれます。

詳しくはソフィア会のHPにも案内が掲載されています。
(おもてなしは会員有志による、よくある出前のケイタリングでなく知恵一杯のフーズが並ぶ予定です。私のワイン...勿論持ち込み歓迎です)
 そして、話の続きはワインを飲みながら・・・です。当会の会員が美味しい料理、つまみを用意しておもてなしです。
ソフィアン、そしてそのご友人...皆さま、お待ちしています。

マスコミ・ソフィア会 会長 村田 亨(64年露語)

---------------記-----------------------------------
日時: 12月10日(月)18:30
場所: ソフィアンズクラブA・B会議室
会費: 一般3000円、学生500円
お申し込み:

 <メール>:info@cumsophia.jp 又は cumsophia@sophiakai.gr.jp 宛
出欠のご連絡お願いします。

おもてなしの準備の都合がありますので12月5日までにお願いします。

以上。
ロシア語学科同窓会の皆さま

秋気が肌にしみる季節となりましたが、皆さまおすこやかにお過ごしでしょうか。
この度、ロシア語研究会「木二会」は、今年3月に退職された上智大学名誉教授、井上幸義先生を講師としてお迎えし、ロシア語の数詞について」という題目にて演をしていただきます。

会場は上智大学です。多くの皆様のご出席をお待ち申し上げております。
また、ご関心をお持ちのお知り合いがいらっしゃいましたら、どうぞご出席
くださるようお伝えください。

お手数ですが、講演会・懇親会にご出席いただける方は以下の返信フォームで、
 
g-sayama-0y6@sophia.ac.jp 
(受付担当:上智大学 佐山豪太)までご連絡ください
送信元と異なります)。

その際、懇親会に出席される場合も欠席される場合も必ずご回答いただくよ
お願い申し上げます。
なお、講演会・懇親会のご参加は準備の都合により、11月10日(土)まで
ご連絡くださいますようお願い申し上げます。

               記
主催:ロシア語研究会「木二会」
講演者:井上幸義先生(上智大学名誉教授)
演題:「ロシア語の数詞について」
概要:「数詞<2>~<4>+名詞」と「<5>以上+名詞」の結合形態の違いや、わゆる分割文(数量詞遊離文)«Книг было две.»の複数生格の意味を古代ロシア語遡って考察する。

日時:2018年11月17日(土)15:00~(14:30開場)
会場:上智大学 四谷キャンパス 2号館5階 2-508教室
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1

講演会後に懇親会も開催予定でございます。
懇親会費は確定しておりませんが、一般5,000円、学生3,000円を予定しております。
懇親会の会場など詳細は後日お知らせいたしますが、四谷近辺で行う予定でございます。
また、申し込み状況によっては会費が安くなる可能性もございます。

皆様のご出席をお待ち申し上げております。

井上幸義先生講演会実行委員会
佐山豪太




=============(以下返信用フォーム)=============

【必須】お名前:
【必須】ご所属:

【必須】1. 講演会に: 出席 ・ 欠席 します。

【必須】2. 当日の懇親に: 出席 ・ 欠席 します。(一般 ・ 学生)


!注意!懇親の出欠は必ずご回答下さい。

img037.jpg
マスコミ・ソフィア会 村田 亨(4期・64年卒)です。

ロシア語学科同総会の皆さま、連日の猛暑、今朝は突然の変わりよう、週末には傘マークも出て

暑さも一段落でしょうか。

皆様いかがお過ごしですか。

先日の「第27回コムソフィア賞授賞式、講演会にお運びいただき

有難うございました。

本日は ソフィア会から下記のような山田五郎さんの講演会の案内が

ありましたのでお届けします。

山田さんは第19回(2009年)のコムソフィア賞受賞者です。テレビ、ラジオで

街歩きの先達としていトークでおなじみですが、美術に関しても

「へぇ~、なるほど!」の博覧強記です。

今回は「絵画の楽しみ方・藤田嗣治展に寄せて」、暑さを忘れて山田五郎語録の

美術散歩、お楽しみください。

マスコミ・ソフィア会 村田 亨


                記


日 時: 88日 17:30開場 18:00講演会開演 

     19:30~懇親会(2号館5階教職員食堂)

講演者: 山田五郎(1982文新) 

     第19回コムソフィア賞受賞(2009年)

場 所: 図書館9911会議室

参加費: 無料。懇親会に参加される方はSOPHIA未来募金に1,000円の

寄付をお願いします。

 

参加申し込みは、下記ソフィア会URLのページの下部の

「(日本語)参加申し込みはこちらから」

をクリックして頂き、開いたWEBエントリーページから申し込みをお願い致します。

http://www.sophiakai.gr.jp/news/event/2018/2018080801.html

 

直接WEBエントリーページから申し込みをされる場合は、下記URLからお願い致します。

https://www.sophiakai.gr.jp/form/fid_275.html

 

以上

ソフィア会事務局


第27回「コムソフィア賞」・道傳愛子さん

NHKチーフプロデューサー88年外英)

授賞式と記念講演会

 

「コムソフィア賞」はマスコミ・ソフィア会が1991年から各界で活躍、実績を残す上智大学関係者(卒業生、教職員、在学生など)を候補として、毎年選考して表彰して来ているものです。

前回まではマスコミ・ソフィア会の行事として行っていましたが、当会の創立30周記念事業としてその規模を拡げ上智大学及び上智大学ソフィア会の後援のもとにマスコミ・ソフィア会が主催することになりました。

今回はNHKのチーフプロデューサーとしてラジオ、テレビのほか国際報道の第一線で活躍している道傳愛子さん(88年外英)>に授与することに決定し、授賞式と道傳さんによる受賞記念講演会を下記の要領で開催します。


日時:2018712日(木) 

場所:上智大学四谷キャンパス2号館171702会議室(入場無料)

1715 開場

17:45 「コムソフィア賞」授賞式

18001915 受賞記念講演会

        「取材の現場から~日本と世界を考える」

19:30懇親会(会費2000円・学生無料)2号館5階教職員食堂

申し込み:ソフィア会webサイト http://www.sophiakai.gr.jp/

メールでの申し込みはマスコミ・ソフィア会 cumsophia@sophiakai.gr.jp にお願いします。

主催:マスコミ・ソフィア会  後援:上智大学・上智大学ソフィア会 


<主催者から>

道傳さんはNHKに入局後、アナウンサーとして番組キャスターとして主にニュース番組の最前線で活躍、バンコク特派員として東南アジアの抱える諸問題を広域的に取材するなどの実績を重ね、プロデューサとして現場を見続けている。

今回道傳さんには、取材者として見たことをどう伝えるか、取材対象との関係の作り方、インタビューや取材現場に入るまでの準備など、プロデューサとして常に考えていることを語っていただきます。日本と世界で見聞してきた取材現場での経験談は社会人はじめ在校生の皆さんにも興味の尽きないところでしょう。

そして、道傳さんは2014年にノーベル平和賞を最年少で受賞したマララ・ユスフザイさんの自伝の翻訳者でもあります。ジャーナリストの目線で行ったマララさんへのインタビュー、出会いのエピソードなども語っていただきます。

詳しくはチラシも合わせてごらんください。 

マスコミ・ソフィア会

      村田 亨(4期)


326日(月)午前9時から東京国際フォーラムにて上智大学の学部学位記授与式が行われました。今年の学科総代は清水真伍(しみず・しんご)くんでした。

午後1時から四ツ谷キャンパスで行われた学科別集会では、原求作学科長から卒業生ひとりひとりに学位記が授与され、その後、記念撮影を行いました。今年の卒業生の特徴は5年以上で卒業する学生の数が4年で卒業する学生の数を上回ったことです。この背景には基礎ロシア語の再履修者が多かったこともありますが、それ以上に休学による留学をする学生が増えた影響があると思われます。

今年の卒業生は同窓生の第58期メンバーということになります。期の幹事には後藤幸太郎(ごとう・こうたろう)くんが選出されました。58期生にとって最初の学科同窓会は19か月後となりますが、そのときにまた元気な顔を見せてくれればと思っています。


学科別集会IMG_4847s.jpg
学科別集会



謝恩会IMG_4906.jpg
謝恩会


2018年度ソフィア・コミュニティカレッジでは現在春期講座の募集をしております。
講座は4月19日(木)から順次スタートいたしますが、申し込み締め切りは4月12日(木)なっております。ロシア語関連講座の概要は以下のWEBサイトでご覧いただけますので、興味のある方はご参照ください。

上智大学卒業生には下記の割引特典があります。
是非、割引特典を利用して講座へのご参加をご検討ください。

ご卒業年と割引率 
      卒業後15年未満      →10% 
      銅祝(卒業後15年)以上  →30% 
      銀祝(卒業後25年)以上  →半額 
      金祝(卒業後50年)以上  →無料 



https://web.my-class.jp/sophia/asp-webapp/web/WKozaKensaku.do?shishaId=6000&wbKozaKensakuJoken.chikuId=0&wbKozaKensakuJoken.shobunruiId=&wbKozaKensakuJoken.keyWord=&kyoshitsuId=&wbKozaKensakuJoken.chujanruId=975&wbKozaKensakuJoken.daijanruId=2&kensakuKubun=0


2018春 コミュニティカレッジ・ロシア語.jpg

今年3月で定年を迎えられる井上幸義教授の最終講義を下記の要領行います。

事前の申し込み等は不要ですので、みなさま多数ご来聴いただきますよう

ご案内申し上げます。



井上幸義教授 最終講義「ロシア語学とロシア文学の狭間で」

日時:2018224日(土)14301600

場所:6号館301教室(旧上智会館跡、別名ソフィアタワー)



懇親会:1700~、2号館5階教職員食堂(参加費:3000円)

https://www.sophia.ac.jp/jpn/info/access/accessguide/access_yotsuya.html

 


本人からのメッセージ:

「テーマは、前半が、私のこれまでのロシア語との歩み、後半が、

ロシア詩と日本詩の比較、ゴーゴリの作品に見られる詩的リズムとその意味

などを考えていますが、ロシア語をすっかり忘れた方にもわかるような

説明を心がけるつもりですので奮ってご参加ください。」

文学部ドイツ文学科より講演会のお知らせが届きました。


この度は本学のOGが主催するイベントを紹介させて頂きたく、御連絡致しました次第です。
私の所属するサークル、ドイチャーリングでは主にドイツ語スピーチコンテストの開催などの活動をしておりますが、今回ドイツと関連したイベントを本学ドイツ文学科卒業の舟田詠子氏が開催するとのことで、協力することになりました。
本イベント「CHANEL N°5  誕生の陰にロマノフ王朝の崩壊があった」は20世紀のドイツ・ロシアなど、ヨーロッパを対象とした知見を深めることを目的としています。
そこで、是非ロシア語学科の卒業生の皆様にもこのイベントにお越しいただきたく存じます。
どうかご検討の程よろしくお願い致します。

イベント名:「CHANEL N°5  誕生の陰にロマノフ王朝の崩壊があった」
日時:2018年1月24日水曜日
場所:東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
入場料:一般2000円 学生1000円

スクリーンショット 2017-12-14 23.03.00-2.png


スクリーンショット 2017-12-14 23.04.11-2.png

上智大学外国語学部ロシア語学科では、来る2018年1月20日(土)に哈爾濱(ハルビン)学顕彰基金シンポジウムを開催いたします。

今回は2020年に創立100周年を迎える爾濱学院そのものテーマといたしました。ご興味・関心をお持ちの方は是非ともご来場ください。事前のお申し込み、参加費は不要です。


img018.jpg

同窓会の皆様へ


 ロシア語劇座長を務めさせていただいております、上智大学外国語学部ロシア語4年生の明珍と申します。今年度、ロシア語劇は本年度のロシア語劇は、検閲をテーマにしたМ.ブルガーコフの戯曲『赤紫の島』とМ.クズミーンの小品『花嫁選び』を上演いたします。両作品の上演は国内で初めで、『花嫁選び』にいたっては日本語訳も出版されておりません。

 ゲネプロ公演は上智大学10講堂にて126()18:00に開場、開演は18:15、終演は19:35を予定しております。

1210日の語劇祭当日、ロシア語劇は同じく10講堂にて開場17:45、開演18:00、終演19:20(予定)となります

 師走を迎えご多忙とは存じますが、足を運んでいただければ幸いです。


IMG_7493.jpg

ロシア語学科同窓会を下記の通りに開催いたします。

案内状が届いていない方は、事務局(roshiagogakka@gmail.com)宛にご連絡ください。



【講演会・懇親会】      2017122日(土)

 

講演会  上智大学2号館3階 2-309教室   16:00 17:30

 

*講演者 白石和子氏(14期)

*演題   「リトアニアーロシアに三度占領された小国がいかに蘇ったか」

リトアニアは、18世紀末、三国分割により、ロシアの領土となるまで、欧州最大の版図を誇るポーランド・リトアニア連邦の構成国であった。第一次世界大戦後、独立を達成するも第二次世界大戦で、ソ連、ナチス・ドイツ、ソ連に蹂躙された。人口300万人の小国が1990年いかにして独立国家として蘇ったかについて、検証する。

*講演者略歴

1974年外務省入省

外務省では、条約局国際経済協定室長、総合外交政策局外構政策調整官、経済局世界貿易機関紛争処理室長、在外では、在アトランタ総領事館首席領事、在ポーランド大使館公使参事官を務める。 2012-2015年特命全権大使 リトアニア国駐箚、2015-2016年特命全権大使 女性人権人道担当兼北極担当、20162017年外務省参与 北極担当大使

 

懇親会  上智大学2号館5階 学生食堂     18:00 20:00

 

 

会費   \5,000 (ご夫婦での参加会費 : お2人で\8,000)

            (維持会費を含みます)

8月6日(日)の夕刻、ロシア語学科元教授のミヘルチッチ先生を囲む会が開催されました。 先生は現在、中央アジア・キルギス共和国の首都ビシュケックで活躍されていますが、このたび、イエズス会の黙想会に参加のため来日され、その機会に有志が集まりました。
現在はビシュケックで日本語の授業をされていることもあり、ロシア語学科で教鞭を取っていたころとまったく変らない語り口でご挨拶をいただきました。


ミヘルチッチ先生.jpg

ミヘルチッチ先生2.jpg

マスコミ・ソフィア会主催

第3回「大人の社会見学ツアー」

<NHKスーパーハイビジョン4K・8K試験放送>

 

昨年からマスコミ・ソフィア会が開催している「大人の社会見学ツアー」、3回はNHKの協力を得ての特別見学会・スーパーハイビジョン4K・8K試験放送の見学です。

 

<スーパーハイビジョンとは?>

スポーツ中継、大自然の絶景、世界文化遺産の究極の映像など、今までのテレビ映像の概念が変わると言われる4K・8Kの試験放送・・・

テレビジョン映像の近未来を局内の試写室でスタッフの解説を交えて、300インチのスクリーンプロジェクター、22.2マルチチャンネル音響で8Kのコンテンツを鑑賞します。

 

(スーパーハイビジョンの基礎知識は www.nhk.or.jp/shv/ をご覧ください)

試写会の後は大相撲名古屋場所14日目のスーパーハイビジョン生放送をふれあいホールにて「大関・横綱の取組み」を結びの一番まで観戦します。

 

終了後、担当者にも参加していただいて懇親会を行います。

参加要領は下記の通りです。今回は定員30名です。

 

               記

 

 

開催日時:2017722日(土)15:45~

 

集合場所:NHK放送センター西口玄関内の待ち合わせスペース

ご注意:15時半から待ち合わせスペースにて受付、お名前の確認をします。

    場所がNHK局内のため受付時間に遅れると入場できません。

 

 

参加希望申込先:メール:info@cumsophia.jp  

                FAX:03-3238-3028

 

会費:見学会・@1000円(学生500円)懇親会・@3000円

 

記載事項:「NHK4K・8K試験放送見学希望」と書いて

氏名、卒年度、学部学科、住所、メールアドレス、

電話番号(当日連絡のつく番号)、懇親会参加、不参加

 

締切り:定員の30名になり次第、締め切ります。

申込後、一両日中に確認のメールを致しますので、なるべくメールで お申し込みください。

 

アクセス:東京メトロ千代田線・代々木公園駅

     京王バス・渋谷駅西口中野駅行き・放送センター西口

 

村田 亨(1964年卒・4期)

 

 

 

 

ロシア語学科同窓会の開催日が決まりました!

 

2017年12月2日(土)

16:00 ~ 17:30     講演会

18:00 ~ 20:00     懇親会

講演会・懇親会のいずれも上智大学構内で行います。

10月中旬に詳細のご案内をお送りします。

 

 

NPO法人立川日露文化交流協会主催のコンサートを7月15日(土)に開催させて頂くことになりました。上智大学ロシア語学科の皆様には是非お聴き頂きたいプログラムとなっております。

また、「バレエ付き」の部分ですが、グラズノフ作曲「ライモンダ」より「ピチカートの踊り」、「ヴェールの踊り」そしてチャイコフスキー作曲「くるみ割り人形」より「東洋の踊り」をバレリーナが踊ります。ロシアに長期間学び、暮らしたDUET GRAZIYA(澤田智恵さん、池田慈さん)は、ロシア語も堪能で、ロシア音楽とバレエをこよなく愛し、より多くの人々にその素晴らしさを伝える活動を熱心にされています。


7月15日(土)19時開演です。学生半額ですので、お友達同士お誘い合わせの上、お越し頂ければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

                NPO法人立川日露文化交流協会 仙場真理(24期)

仙場さん 1.jpg

仙場さん 2.jpg

マスコミ・ソフィア会ではオールソフィアン(ASF) の日二つの講演会を行います。
13時45分から「暮しの手帖」編集長澤田康彦さんコムソフィア賞記念講演
14時40分から元北海道新聞記者上出さん時局講演「報道の自主規制」
の2本立てです。
それぞれタイムリーな興味深い内容だと思います。
新しくできた「ソフィアタワー」見物がてらの学校見学も一興です。
皆様にお披露目頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。
 
村田 亨(ロシア語学科4期 / 64年卒・マスコミソフィア会)

 

  img003.jpg

関係各位

 

上智大学外国語学部長

村田真一

 

 

専任教員の公募について(依頼)

 

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、このたび上智大学外国語学部ロシア語学科におきましては、下記により専任教員の公募を行うことになりました。つきましては、貴学(機関)関係者にご周知いただきますようお願い申し上げます。

 

1. 所属                 外国語学部ロシア語学科

 

2. 職名・人員      准教授、助教または嘱託講師 1

        (助教・嘱託講師は任期付、最長5)

 

3. 専門分野          ロシア文学またはロシア語学

 

4. 担当科目     「基礎ロシア語Ⅰ」(1年次生向け基礎ロシア語)、「基礎

              ロシア語Ⅱ」(2年次生向け基礎ロシア語)、3,4年次生向

              けロシア語科目、演習等      

 

5. 着任時期          201841

 

6. 応募資格          以下の条件をみたす方

        (1)博士号の取得者(2018331日までに取得見込み

                                   の者を含む)または、それと同等以上の研究業績

           を持つ者

        (2)ロシア文学またはロシア語学についての研究実績

                                  があり、それらに関する講義を日本語でおこなうこと

          ができる者

        (3)ロシア語教育に強い意欲をもって携わることので

                                  きる者

        (4)国際交流、学生交流に強い意欲をもって携わるこ

                                  とのできる者

        (5)大学の運営や学科の運営にかかわる業務を積極的

                                  におこなうことのできる者

 

7. 待遇                 本学規定による

 

8. 提出書類      (1)   履歴書(書式自由、写真添付のこと。メールアドレス、固定電話番号、携帯電話番号を明記)

                          (2)   最終学歴の修了証明書または学位記の写し

                          (3)   主要業績3点(抜き刷り・コピー可)。それぞれの業績について800字程度の要約を付すこと。必要に応じてその他の業績の提出を求める場合がある。

   (4)  研究業績目録(著書、論文、口頭発表、その他を、

    それぞれ別個に記載)

 

9. 提出締切          2017528日(必着)

 

10. 提出先   〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1

         上智大学外国語学部ロシア語学科

             封筒に「教員応募書類在中」と朱書の上、郵便書

                     留など、受領記録を確認できる方法で送付のこと

                     提出書類は返却しない。

                     提出された書類ならびに個人情報は、人事選考以

                     外の目的には使用しない。

 

11. 選考方法    (1)第一次選考(書類選考)

         (2)第二次選考(面接および模擬授業)

        第二次選考(6月下旬から7月上旬を予定)の日程な

                             どの詳細は、書類選考通過者に連絡する。第二次選

                             考のための旅費等は自己負担となります。

                        (3)役員面談

 

12. 問い合わせ先 上智大学外国語学部事務室ロシア語学科担当

         Eメール:drussian@sophia.ac.jp 

 

 

以上

 

327日(月)、東京国際フォーラムにて上智大学の学部学位記授与式が行われました。今年の学科総代は青鹿恒喜(あおしか・こうき)くんで、代表して卒業生79名分の学位記を授与されました。

午後に四ツ谷キャンパスで行われた学科別集会では、学科の教員たちと学科事務の川端真綺さんから祝辞が送られ、その後、井上幸義学科長からひとりひとりに学位記が手渡されました。集会終了後は恒例の記念撮影タイムとなりました。

今年の卒業生はロシア語学科同窓会の第57期生となります。期の幹事として柳川修也(やながわ・しゅうや)くんが選出されました。新たな同窓会の仲間として暖かく迎えていただけたらと思います。

 




IMG_2707L.jpg

学科別集会での記念撮影


IMG_2840s.jpg

謝恩会(於:ホテルグランドヒル市ヶ谷)での記念撮影



ロシア語学科 秋山真一

1968年入学組のクラス会が開催されました。
この学年は、基本的には、1968年4月入学で1972年3月卒業ということで、ちょうど、70年安保をはさむ学生運動が最高潮に盛り上がった時期に在学をしていました。 全共闘によるバリケード封鎖と大学によるロックアウトなどで、授業を受けた期間も少ないまま卒業をしてしまった記憶があります。
卒業式もなかったのです。 ロシア語には自信のない同級生が多いのも仕方ないかもしれません。
そんな学年のクラス会に17名が集まりました。 


DSC_1464 (1).jpg

ロマノフ王朝展日本人の見たロシア、ロシア人の見た日本


【会期】201717日(土)~49日(日)

【内容】2017年はロシア革命から百年。ロマノフ王朝が滅亡してから百年でもあります。 かつてヨーロッパからアジアにまたがる広大な領域を支配した強大にして華麗なるロマノフ王朝。 今日のロシアの社会と文化の礎はロマノフ王朝300年の歴史の中で築かれたといっても過言ではありません。 ロシアは日本から最も近い隣国です。史上まれにみる巨大帝国の栄枯盛衰を、 日本との交流という視点からご一緒にたどってまいりましょう。


romanov.png