企業・研究機関見学会の最近のブログ記事

 現役学生のキャリア形成支援および実業の現場理解と就職支援を目的に、実際の「つくる」現場及びそこで働く先輩社員に接して実業を学ぶ機会として、同窓会では「企業・研究機関見学会」を実施しています。
 この度、久しぶりに第6回目として4月26日(水)、「キリンビール(株)横浜工場見学会」を開催しました。今回はリニューアルされた一般見学コースでしたが、ものづくりの現場の一端に接することができ、見学後の希望者との懇親会では学生生活や同窓会の学生支援活動の状況と課題等を議論しながら参加学生にとっては意義深い見学会となりました。
 今後も現役学生のキャリア形成支援活動としてより充実した「企業・研究機関見学会」を開催する計画です。 参加者の皆様、ありがとうございました。

キリンビール工場見学会写真.jpg

キリンビール横浜工場の紹介と参加者懇親会

〔事業企画委員会担当理事:岸本 泰志(1971化卒)記〕 

 現役学生のキャリア形成支援を目的に、実際の「つくる」現場及びそこで働く先輩社員に接して実業を学ぶ機会として、同窓会では「企業・研究機関見学会」を実施しています。
 この度、第4回目として2月1日(月)、「ヤフー(株)本社見学会」を開催し、計19名が参加しました。

    現役学生のキャリア形成支援を目的に、実際の「つくる」現場及びそこで働く先輩社員に接して実業を学ぶ機会として、同窓会では「企業・研究機関見学会」を主催しています。
    この度、第3弾として10月29日(木)、「大日本印刷(株)研究開発センター見学会」を開催しました。
 直前に辞退者が相次ぎ、現役学生12名及びOB4名の計16名の参加でしたが、 学生にとっては殆ど見学する機会のない企業の研究現場に接して雰囲気と実情を体験し、さらに最新鋭のデーターセンターの見学もさせて頂いて厳しいセキュリティ管理の現場も体験し、大変有意義な見学会となりました。
 特に、三宅センター長(1983、化学卒)自ら研究開発の考え方と状況を判り易く、かつ楽しく説明して頂き、大日本印刷(株)の技術基盤と多分野にわたる数々のN0.1商品、そしてこれから狙う先端技術の方向を学ぶことができました。
    また、先輩ソフィアンとの懇親会では、事務局の宮間人材開発部長(1984、機械卒)のお計らいで楠川副センター長(1986、化学卒)と清原研究エキスパート(1996、化学卒)にも加わって頂き、活発な質疑を通して研究業務のイメージや仕事への姿勢、情熱や信念、余暇の過ごし方まで学ぶことができ、多数のソフィアンの活躍ぶりを目の当たりにし、学生にとっては卒業後の進路を考える上でも大いに参考になったとの感想を頂き、有益な見学会となりました。
    今後も現役学生のキャッリア形成支援活動としてより充実した「企業・研究機関見学会」を開催する計画です。参加者の皆様、ありがとうございました。

  DNP R&D写真.jpg

                               - 大日本印刷(株)研究開発センター(HPより)-

事業企画委員会担当理事:岸本泰志(1971化卒 ) 記

 さる6月16日(火)に理工学部同窓会主催の第2回「研究機関・企業見学会」として、「宇宙航空研究開発機構(JAXA)見学会」が開催されました。
 当日は就活中の学生が急遽参加できなくなったりして現役学生8名及びOB3名の計11名の参加でしたが、航空宇宙センター展示室を見学して数多くの航空分野の国家技術開発プログラムを勉強し、特に次世代超音速機開発に係わる最先端プロジェクトの進捗状況を知ると共に宇宙飛行シミュレータによる飛行模擬操縦も体験しました。その後、世界最大の極超音速風洞試験設備の実験現場を見学しました。
特に説明して頂いた中山研究員の業務内容と使命感や情熱を知ることができ、またあの小惑星探査機「はやぶさ」の実験もこの設備で行い成功を支えたとの自負心も伝わり大変有意義な見学会でした。
 今回は残念ながら業務の都合で先輩ソフィアンとの交流はできませんでしたが、参加学生からは最先端研究機関の実情を知ることができ有益であったとの感想を頂きました。
今後も現役学生の支援活動としてより充実した「研究機関・企業見学会」を開催する計画です。
 参加者の皆様、ありがとうございました。

     

28.jpg

- JAXA見学会参加者(YS-11コクピット前にて) -

 

事業企画委員会担当理事:岸本泰志(1971化卒)記

 理工学部同窓会では現役学生への支援活動の一環として今年度より「研究機関・企業見学会」を企画し、その第一回として「旭化成ケミカルズ川崎製造所見学会」がさる2月6日(金)に開催されました。
 当日は現役学生14名及びOB5名の計19名の参加でしたが、普段見学する機会も少ない石化型製造プラントである合成ゴム工場(世界最大の溶液重合プラント)を見学し、各種設備だけでなく、製造に携わる人々の自負や使命感にも接し、ものづくりの現場を知ると共に、先輩社員を交えてのディスカッッションを通じて会社業務のイメージや仕事への姿勢、情熱を学ぶことができ、学生にとって大変有意義な見学会でした。
 見学会終了後の懇親会にも多数の学生が参加し、学生、先輩社員、OBが一体となったざっくばらんな意見交換も盛り上がり、楽しく充実したコミュニケーションの時間を過ごしました。
 学生の就職活動にとっても大変有益であったとの感想を頂き、今後も改善を加えながらより有益な「研究機関・企業見学会」を継続開催する計画です。
 参加者の皆様、ありがとうございました。

                 21.jpg

- 工場見学後、先輩社員とディスカッションする学生たち -

事業企画委員会担当理事:岸本泰志(1971化卒) 記

写真など

  • 秋-01_550.jpg
  • ゴルフ場案内図&第6回ソフィア理工カッフ参加者.jpg
  • 学生数&教員数(2020).jpg
  • 新学科と旧学科との関係.jpg
  • 第10回キャッチ用_220.jpg
  • 第9回キャッチ用_220.jpg
  • 改姓変更QRコード.png
  • 住所変更QRコード.png
  • エッセイ写真_540.jpg
  • 第8回キャッチ用_220.jpg
  • 全シーズン-06.jpg
  • 氾濫する「脱炭素」の文字.jpg