全シーズン_201707.jpg
6月17日(月)に第11回ビッグデータ研究会が開催されました。前回が11月10日でしたのでしばらく間があいてしまいましたが、おかげさまで社会人7名、学生4名の計11人の方にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回のテーマは

 製薬協の知財フォーラムからの話題を紹介
 「AI/ビッグデータがもたらすライフサイエンス革命~未来の医療と将来の創薬、その可能性と課題~」

です。ご講演いただいたのは持田製薬株式会社の石川浩さんです。

IMG_5423.png

 大変遅くなりましたが、2月に開催した表記交流会につき以下に報告致します。

 主に理工学部や理工学研究科の学生を対象とした「技術系OBOG交流会」が今年も以下の通り開催されました。
 日時:2019年2月23日(土)、15時~17時
 場所:上智大学中央図書館L-821会議室
 参加学生:15名
 協力:8社(日本総研、ソニー、日立、キャノン、NEC、東芝、日産自動車、JR東海)
    のOB、OGが個人として協力
  ⇒ 詳細は 2019技術系OBOG交流会(パンフ).pdf参照

 最近の就職活動は主にネットを介して行われ、さらに様々な形式のインターンシップへの参加という方向にシフトしており、このような形式の会に学生があまり集まらない傾向にあるそうです。しかし、本会は、対リクルータではなく個人的な関係としてざっくばらんな質疑応答などが可能であろうという思いから今年も開催に踏み切りました。
学生の参加人数は15名で、例年の20名程度という人数には達しませんでしたが、新たに加わっていただいた情報系のOBを目指して参加した学生もおり、グループに分かれて活発な質問や意見交換が行われました。他のグループへの移動なども数回行われ、予定時間を30分ほど超過して交流が続けられました。
⇒ 交流会の様子 OBOG懇談会2019B3(写真).pdfを参照下さい。

 教員としては理工学部同窓会理事の情報理工学科の川端亮先生が出席され、協力をしていただきました。また、OB、OG側の意見としては、参加人数は少なくなったものの、学生の"生"の意見を聞くことができて非常に参考になったというものが多かったようです。また、キャリアセンターにはいろいろご助言をはじめご協力を頂きありがとうございました。

(文責/同窓会学生支援委員長:武藤康彦)

★主催:理工学部同窓会、理工学振興会 ★協賛:研究推進センター

今年も「理系ソフィアンのつどい」を行います。同窓生・教職員・現役学生が、交流を深められるように色々と企画しています。理工学部卒業生はもとより、他学部卒業生もどうぞお気軽にお立ち寄りください。

日 時:2019年5月26日(日)10:00~17:00
場 所:上智大学11号館3階全フロアおよび6号館305号室

詳細は  ASF2019 理系ソフィアンのつどい案内 同窓会版.pdf を参照下さい。

 4月11日(木)、「第6回ソフィア理工カップゴルフ大会」が、昨年同様、埼玉県東松山市にある「おおむらさきゴルフ倶楽部」にて、開催されました。桜が満開で綺麗に整備されたコースに陽は差していたものの、あいにくの強い北風が冷たく感じられる1日でした。
 今年は過去最多の21名がエントリーされましたが、ご都合等で3名のキャンセルがあり、18名5組でのラウンドでした。女性1名を含め初参加が5名で、女性も2名に増え、66年卒〜88年卒まで幅広い年代の理工学部同窓が趣味を通じて集まり、プレイを楽しみました。旧交を深める場でもあり、また新たなネットワークを見つけられる場でもあったようです。
 事後のパーティでは、吉田会長から理工学部同窓会の活動状況を1枚にまとめた資料を使って紹介をしていただきました。加えて5/26(日)のASFには、「理系ソフィアンの集い」への参加を呼びかけていただくなど、同窓会としてのコミュニティを深めることが出来たと思います。
 今回から、実行委員長を当コースのメンバーでもある石井企画委員から受け継ぎました。更に多くの参加者を募るべく、また既参加者の横の繋がりを深める様、継続しての開催を計ってまいります。来年の開催日は4月9日(第2木曜))の予定です。奮ってご参加ください。
 参加者の皆様、そして幹事の皆さま、お疲れ様でした!
 また、来年お会いしましょう。

   理工学部同窓会 事業企画委員長(大会会長):吉田 泰昌(1966電電卒)
           同    理事(実行委員長)        :水村 栄 (1975機械卒)記


 主な成績は次のとおりです。

  氏 名  F9(中) B9(東) GROSS  HDCP  NET
 優勝  伊藤 恵理子
(1975数学) 
  46   40   86  12.0  74.0
 準優勝  佐伯 壽紀
(1980化学)
  46   45   91  16.8  74.2
  3位  吉田 泰昌
(1966電電)
  51   45   96  21.6  74.4
  BG 伊藤 恵理子
(1975数学)
  46   40   86    ―    ―

   2019_ソフィア理工カッフ .jpg

     第6回 理工カップ参加者       優勝 伊藤恵理子さん(右)と吉田大会会長

 

 理工学部同窓会では、活動目的の一つである上智大学並び理工学の発展に貢献することへの一環として、現役学生の支援を目的に本学を卒業して社会で活躍されるOBOGと座談会形式で交流ができる「OBOG交流会」を行っています。
 この度2月23日(土)に「技術系OBOG会」を開催することになりましたのでご案内します。詳細は下記をご参照下さい。

   2019技術系OBOG交流会.pdf

 本会は理工学部OBOGの仕事内容や学生時代のお話等様々な話題を通じて何でも質疑できますので上理工学部現役在学生は奮ってご参加下さい。
 尚、本会は同窓生各位が直接参加できる会ではありませんが、同窓会活動の一端を知って頂く為に掲載すると共に、ご家族やお知り合いに理工学部現役学生がいましたら是非ご紹介下さい。

 理工学部同窓会活動の一環である「理工学部企業経営者の会」(2017年3月度理事会承認)発行の「東北通信」第2号が山形航空電子(株)の渡辺氏(化学78卒)より発信されましたので掲載いたします。
  上智大学理工学部経営者の会_東北通信第2号.pdf

 理工学部同窓会活動の一環である「理工学部企業経営者の会」(2017年3月度理事会承認)では、会員間の情報交換を深める目的で各委員の所在地の情報を発信する各種「通信」の発行を行っており、CHINO Corporation India社長をされていた(株)チノーの斎藤氏(物理81卒)より「インド通信」が発行されていますので掲載いたします。

  上智大学理工学部経営者の会_インド通信第1号(提出版).pdf

  上智大学理工学部経営者の会_インド通信第2号(提出版).pdf

  上智大学理工学部経営者の会_インド通信第3号(提出版).pdf 

 尚、「理工学部企業経営者の会」は理工学部を卒業した企業経営経験者の経験を活かし、
  ・卒業生からの企業経営者の輩出支援
  ・学生に対するアントレプレナーへの啓蒙
  ・産学連携プロジェクトの提案
などの活動を行うことを目的としており、企業経営に携わる卒業生各位の参加を期待していますので、ご興味のある方は理工学部同窓会事務局(rikougakubu-alumni@sophiakai.gr.jp)にお問合せ下さい。

ロゴ.png

標記大会を以下の要領で開催することになりました。新幹事が対応させていただきますが、開催概要はこれまでの5回と変わりません。 今回は、日程の先行連絡です。詳細は追ってお知らせいたします。新緑のまぶしい中で、親睦を深めながらラウンドを楽しみましょう。 多数の参加をお待ちします。

 

日  時 : 20194月1Ⅰ日 (4月第2木曜日)

場  所 : おおむらさきゴルフ倶楽部

       〒355-0804 埼玉県比企郡滑川町中尾1185

       TEL : 0493-56-5555

       Web Site : http://www.omurasaki.com

       関越自動車道 東松山ICより約15

集  合 : 午前8時半頃(予定)

         スタート  :中コース 9:32から6組 午後は東コース

費  用 : プレイ代 14,000円前後(キャディ付き、昼食・飲み物)各自精算

       参加費 4,000円 (パーティ代・賞品代に充当)

競技方法 ; 使用ティー ; 男性 白、 女性 赤

        スコア集計 ; 新ペリア(ダブルパーカット、ハンディ上限36) 

                 同ネット、年齢上位

        ドラコン・ニァピン ; 午前・午後 各1

主  催 :上智大学理工学部同窓会

        ソフィア理工カップ実行委員会

応募方法 : 下記エントリーフォームよりお申し込み下さい。

        (20192月末日まで)

 ◆エントリーフォームはこちら

問合せ先 : 不明な点等御座いましたら、遠慮なく下記までお問合せ下さい。

 同窓会の連絡メールアドレス : 

            rikougakubu-alumni@sophiakai.gr.jp

 

   上智大学理工学部同窓会 会長 池尾 茂

   東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学理工学部長室内

   詳しくは下記担当へ

    1)ソフィア理工カップ実行委員会 委員長 水村 栄

                                          e-mails.mizumura@jcom.home.ne.jp

    2)大会会長(同窓会事業企画委員長) 吉田 泰昌 

                                          e-mailyoshiday@mse.biglobe.ne.jp

 

ゴルフ上図.png

 

 

     

 2018年11月10日(土)に理工学部同窓会会員大会および講演会・懇親会が下記添付の要領で開催されましたので各内容を以下に報告致します。
 諸般の事情で掲載が遅れましたことご容赦ください。
  ⇒  2018年度 上智大学理工学部同窓会会員大会開催要領.pdf

 

【講演会】 講演1 「理工学部の目指すもの」
          講師:陸川 政弘 上智大学理工学部長(化学1983年卒)

 理工学部長の陸川政弘教授(物質生命理工学科教授)から理工学部の目指す姿についてご講演いただきました。

 理工学部の創設は1962年4月1日ですが、創設時の理工学部の教育理念について振り返りました。下記の5つです。
 1. 上智大学の建学精神に基づく人間形成の尊重と一般教養の重視
 2. 理学と工学の融合
 3. 基礎に重点を置く専門教育
 4. 語学力と国際的視野の養成
 5. 教員と学生の人格的触れ合いの尊重
 この中で1、3、5はずっとやり続けていることです。一方で2、4はまだ不十分だと思っていることです。どれを取っても今でも通じる教育理念になっています。

11月10日(土)に「つくるネットワーク懇親会+ビックデータ研究会」が開催されました。今回は「つくるネットワーク」と「ビッグデータ研究会」の共同開催のため変則的に土曜日の昼間に開催となりました。年に一度の理工学部同窓会会員大会の前の時間に開催したため人数もいつもより多く、22名の方にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


今回のテーマは

 「TV視聴履歴(ビッグデータ)がもたらした様々なデータ活用及び視聴スタイルの新たな気づき」

です。ご講演いただいたのはジュピターテレコムの平田晃さんです。


IMG_8693.png


 先般、2018年のノーベル賞受賞者が発表されました。上智大学理工学部・理工学研究科では、例年どおり、「2018年ノーベル賞解説講演会」を開催致します。今回も医学生理学賞・物理学賞・化学賞の自然科学部門について、それぞれの分野に詳しい先生方が解説致します。
 本講演会は上智大学研究機構及び上智大学理工学部同窓会の共催でもあり、参加は無料ですので同窓会員の皆様も是非ご参加下さい。

                      記

   日  時:2018年11月20日(火) 17:30-19:40
   会  場:6-301教室(6号館3階)
   対  象:学生、教職員、卒業生 * 事前予約は不要です。
   プログラム:詳細は下記をご参照ください。
        ⇒ 2018上智ノーベル賞解説講演会.pdf

10月1日(月)に第9回ビックデータ研究会を開催しました。今回は8名の方に参加していただきました。その中でサマーハッカソンで知り合った4年生の篠原さんに初めてご参加いただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

今回はオリンパス株式会社の小平さんにお話しいただきました。(写真は左端が小平さんです)

IMG_3616.JPG


-理工学部卒業生が後輩に語るユニークな内容が好評!-

理工学部同窓会と大学が連携して企画し、2014年度からスタートした理工学部同窓会連携講座「キャリア形成教育科目(つくるⅠ)」(全学共通教育科目)が今年度も秋学期にスタートしました。
 本講座の主旨は、「つくる」こと全般に関して、様々な分野で活躍中の理工学部卒業生を講師として、その実体験を語ってもらい、学生のキャリア形成をサポートする企画で、上智大学の人気講座となっています。
 今年度は毎週木曜日・5時限目(17:00-18:30)に6号館(ソフィアタワー)6-410教室で開催中です。
 本講座は大学の正式カリキラムであり、本年度の講義スケジュールと概要は下記添付の通りですが、同窓会会員の聴講は自由ですので同窓生の活躍と「つくる」の現状を知る絶好の機会として奮ってご参加下さい。
 尚、本講座は既に10月4日より開講していますが、諸事情により本案内が遅れましたことご容赦ください。

  ⇒  2018年度「つくるⅠ」授業スケジュール.pdf

 

 

上智大学理工学部同窓会会長 池尾

同窓会員各位におかれましては益々ご清栄のことと存じます。この度下記要領で2018年度上智大学理工学部同窓会会員大会および講演会・懇親会を開催する運びとなりました。本年度は、講師として4月から理工学部長に就任された陸川先生(理工学部教授)と電気電子工学科1984年卒の戸井氏(日本経済新聞社)にお願いしておりますので、万障お繰り合わせの上、多数ご出席賜りますようご案内申し上げます。

 

1.講演会

 <日時場所> 20181110() 140015:40   上智大学2号館5F 509号室

 ・講演1  「理工学部の目指すもの」"           14:0014:40
      講師  陸川 政弘 (化学83年卒: 上智大学理工学部長、理工学部物質生命理工学科教授)

 ・講演2  「21世紀のメディア企業は、テクノロジーカンパニーを目指す。 ~日本経済新聞社のデジタル事業に携わって」   14:4015:40

      講師  戸井 精一郎(電気電子84年卒: ㈱日本経済新聞社、シニアプロデューサー)

 

2.会員大会

 <日時場所> 同日 155016:20  上智大学2号館5F 509号室
 <報告事項>
      (1)  2018年度事業報告および2019年度事業計画
      (2)  2018年度決算および2019年度予算

3.懇親会

 <日時場所> 同日 163018:00 上智大学13号館3F 304会議室
 <会費> 4,000

参加申込方法:

下記申し込みのリンク先より必要事項を記入の上お申し込みいただいた上で、懇親会費の振込をお願いします。(当日受付にてお支払いも可能ですが、混乱防止のため、なるべく事前振込をお願いします。)

振込先:ゆうちょ銀行 口座記号番号 00120-6-790212 上智大学理工学部同窓会(ATMからは〇一九(ゼロイチキュウ)店 当座 0790212)なお、振込手数料はご負担願います。
 
[ https://www.sophiakai.gr.jp/form/fid_286.html 参加申込フォームへのリンク

問い合わせ先:上智大学理工学部同窓会事務局 <rikougakubu-alumni@sophiakai.gr.jp>

以 上

2018年8月6日(月)〜8月9日(木)の4日間、上智大学「ソフィアサマーハッカソン2018」が開催されました。

2014年に開始されたソフィアサマーハッカソンは今年で第5回となります。

IMG_2467_OK.png


7月23日(月)に第8回ビックデータ研究会を開催しました。今回は久しぶりに大勢で10名の方に参加していただきました。矢入先生のご紹介で新たに学部4年の方3名に初めてご参加いただきました。また社会人で初参加の方が3名いらっしゃいました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

IMG_2371.png

★主催:理工学部同窓会、理工学振興会 ★協賛:研究推進センター

今年も「理系ソフィアンのつどい」を行います。同窓生・教職員・現役学生が懇親、情報交流を深められるように色々と企画しています。理工学部卒業生はもとより、他学部卒業生もどうぞお気軽にお立ち寄りください。世界の未来が垣間見えるかも!

  日 時:2018年5月27日(日)10:00~17:00
  場 所:上智大学11号館3階全フロアおよび6号館305号室

  詳細は  ASF2018 理系ソフィアンのつどい案内.pdf  を参照下さい。

 4月12日(木)、「第5回ソフィア理工カップゴルフ大会」が、昨年同様、埼玉県東松山市の「おおむらさきゴルフ倶楽部」にて、快晴、絶好のゴルフ日和の中、開催されました。
 今年は当初18名のエントリーでしたが、直近3名のキャンセルもあり、15名5組全3thumbでのラウンドでした。
 今回、初参加に4名、内1名が初の女性参加で、66年卒〜93年卒まで幅広い年代の理工学部同窓が趣味を通じて集まり、プレイを楽しみました。
 事後のパーティでは、5回務めて頂いた石井実行委員長を労いながら、次回から水村理事にバトンタッチ、今後もっと多くの参加者を募るべく、既参加者の横の繋がりを深める様お願いすると同時に、秋に若手現役の参加しやすい、休日開催も検討中で有る由、お伝えしました。

4月16日(月)に第7回ビックデータ研究会を開催しました。今回は4名の方に参加していただきました。残念ながら就活中のM2の学生さんは参加できませんでしたが、次回からは新たに新M1の方にご参加いただけるように予定しています。また初参加の方が1名いらっしゃいました。4名ですが非常に濃いディスカッションができました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


20180416_IMG_2605.jpg